持ち前の運の良さと要領のよさで数々の困難をヌメリヌメリとかいくぐる社会人。このブログを見てくれたすべての人にありがとう☆★コメントを残していただければ幸いです!(パスワードは適当な半角数字でOKです)


by mitsuhi-low

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

メモ帳

09.08.08
カメラ・写真のHP作りました。見てね♪

grafico


☆★link☆★
今日のひとこと
by クライ

SHAKE SHAKE MONKEY BEACH
by ライ麦畑

ばばせばまっちゃわん?
by しのむ

ゆうじんのひとりごと
by ゆうじん

Life is interesting
by まちゃこ

お気に入りブログ

逃避街3丁目
Let’s go pic...
マッキーの写真と言葉たち
たなかの Photo ブ...
husky voice
grafico column
MOROCCO LIFE...
Time's Arrow

カテゴリ

全体
☆★海外旅行☆★
☆★国内旅行☆★
超偉人伝説
Diary
Happening!
My Favorite
Bowling
Photograph
Baton
Movie
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
more...

ライフログ


Buena Vista Social Club


Vapen & Ammunition


サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格)


モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版


重力ピエロ


太陽の塔

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
旅行・お出かけ

画像一覧

棒ノ嶺


f0065556_2345979.jpg最近マイブームにもれなく認定された登山趣味。

今回は埼玉県の飯能にある棒ノ嶺という山に登って来ました。

標高は969m、先月登った高尾山の599mと比べると1段階レベルアップの登山。

しかし、この日の試練はその高さだけではありませんでした。





それは、僕のようなビギナーにとってはかなりハイレベルなコースだったこと。

想像以上の急勾配を登るうえ、道らしき道がないのです。

おまけにコースの4分の1くらいはこのような渓流の中↓
f0065556_2311614.jpg


もはやこれは登山の域を越えた"アドベンチャー"にほかならないのでした。





確かに、ハードさは高尾山に比べてはるか上をゆくものだったけれど、

観光地化されていなくて、登山人もほとんどいない山道では、

ゆっくりと花を愛でる時間もあったし、
f0065556_23154166.jpg


天然のカジカガエルも見つけることもできました。
f0065556_2316297.jpg






後半にはアドベンチャーと思える余裕もなくもはや修行の域に達するものがあったけれど、

険しい道だからこそ登頂した時の感動はひとしお。

登山から下山まで6時間はかかったけれど、今までで一番の達成感のある登山と思えることができました。

さて、次はどこに・・・

皆さんも、いい山があったら是非教えてください。
[PR]
by mitsuhi-low | 2010-06-22 23:22 | Diary