持ち前の運の良さと要領のよさで数々の困難をヌメリヌメリとかいくぐる社会人。このブログを見てくれたすべての人にありがとう☆★コメントを残していただければ幸いです!(パスワードは適当な半角数字でOKです)


by mitsuhi-low

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

メモ帳

09.08.08
カメラ・写真のHP作りました。見てね♪

grafico


☆★link☆★
今日のひとこと
by クライ

SHAKE SHAKE MONKEY BEACH
by ライ麦畑

ばばせばまっちゃわん?
by しのむ

ゆうじんのひとりごと
by ゆうじん

Life is interesting
by まちゃこ

お気に入りブログ

逃避街3丁目
Let’s go pic...
マッキーの写真と言葉たち
たなかの Photo ブ...
husky voice
grafico column
MOROCCO LIFE...
Time's Arrow

カテゴリ

全体
☆★海外旅行☆★
☆★国内旅行☆★
超偉人伝説
Diary
Happening!
My Favorite
Bowling
Photograph
Baton
Movie
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
more...

ライフログ


Buena Vista Social Club


Vapen & Ammunition


サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格)


モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版


重力ピエロ


太陽の塔

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
旅行・お出かけ

画像一覧

感情を揺さぶるモノを求めて。


年齢を重ねるとともに、刺激に対する''閾値''が上がっていく。

最近そんなことをよく思います。

''閾値''とは、『生体の感覚に興奮を生じさせるために必要な刺激の最小値』のこと。

そして、ここで僕が意味する''刺激''とは、感情を揺れ動かす外部刺激のこと。

わかりやすく言えば、ちょっとやそっとのことでは感動しなくなってきていると言うことなんです。





これは、誰しもが感じていることだと思います。

ただ僕の場合、この''閾値''の上がるペースが人並みはずれているのです。

同年代の子達大勢で遊んでいて、みんなの心が揺れ動くような出来事が起こっても、

感動を共有できず、第三者的に集団を見ている自分。

こういうことがここ数年、頓に多くなったような気がします。





さらに厄介なことに、人一倍刺激を求めるタイプの人間でもあります。f0065556_3385166.jpg

占いとか正直信じない性質ですが、

以前『誕生日辞典』というものを見たときに、

自分の誕生日を一言で表すキャッチフレーズのようなものが、

『ドキドキしたがり屋』

と書いてありました。

365日の中でも、トップクラスに刺激を求めるタイプと書かれてありました。

それはまぎれもない事実。

滅多なことでは感動もしないのに、刺激を求めたがる。

これほど厄介なことが他にあるのでしょうか?





そんな僕の好奇心を駆り立て、感情を揺さぶってくれる、唯一と言ってもいい手段が、

海外旅行。

新鮮な景色、衝撃を受ける異文化が、愚鈍化した僕の感情を激しく揺さぶってくれるのです。

そんな刺激を求めるがゆえに、

僕は旅に出るのかもしれません。





そんなわけで、明日、インドへ向けて出発します。
[PR]
by mitsuhi-low | 2006-05-12 04:03 | Diary