持ち前の運の良さと要領のよさで数々の困難をヌメリヌメリとかいくぐる社会人。このブログを見てくれたすべての人にありがとう☆★コメントを残していただければ幸いです!(パスワードは適当な半角数字でOKです)


by mitsuhi-low

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

メモ帳

09.08.08
カメラ・写真のHP作りました。見てね♪

grafico


☆★link☆★
今日のひとこと
by クライ

SHAKE SHAKE MONKEY BEACH
by ライ麦畑

ばばせばまっちゃわん?
by しのむ

ゆうじんのひとりごと
by ゆうじん

Life is interesting
by まちゃこ

お気に入りブログ

逃避街3丁目
Let’s go pic...
マッキーの写真と言葉たち
たなかの Photo ブ...
husky voice
grafico column
MOROCCO LIFE...
Time's Arrow

カテゴリ

全体
☆★海外旅行☆★
☆★国内旅行☆★
超偉人伝説
Diary
Happening!
My Favorite
Bowling
Photograph
Baton
Movie
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
more...

ライフログ


Buena Vista Social Club


Vapen & Ammunition


サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格)


モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版


重力ピエロ


太陽の塔

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
旅行・お出かけ

画像一覧

まずは自分にできることから


以前、とあるドキュメンタリー番組を見て、非常に感銘を受けました。

海外で活躍する、1人の日本人眼科医師を特集した内容です。

その先生の名は、服部匡志。





彼は、大病院に席を置く勤務医でもなければ、開業医でもありません。

フリーの医師として、ベトナムのハノイを拠点として現地の人々の眼病治療を行っているのです。

治療を行うことはもちろん、日本でも眼科医としてトップレベルの実力を持つ彼は、

ベトナムの医療技術の向上を目的とし、現地の医師たちの指導も行っているのです。





そして最も驚くべきことは、現地で行った治療費を、全く受け取っていないということ。

定期的に日本に帰り、アルバイトをして稼いだお金を治療費や器材費に当てているというのです。

多い時には1日30件もの白内障の手術をするという激務にもかかわらず、

無償どころか器材費も実費とは、本当に驚きでした。





そんな先生の口癖は、


『患者は家族と思え』


キレイごとを並べる口先だけの人間が多い世の中で、

有言実行、格の高い彼の生き様に、非常に感銘を受けたのでした。





インタビューを受けている姿を見ても、偉ぶるようなそぶりが微塵も見られない気さくな先生。

これほどまで出来た人間が他にいるでしょうか?





4年間に渡る無私無欲の活動が認められた彼は、

2005年に外務大臣より感謝状が送られました。

我々もこのような日本人が海外で活躍していることを誇りに思うべきでしょう。





そして、そんな先生を見ていて、1つ思い出したことがありました。


『クリックで救える命がある』


昔毎日やるとmixiの日記で誓ったのに・・・

自分が恥ずかしくなってきました。

僕も口先だけの人間です。





1日1回クリックするだけの誰にでも出来る、"私ができること。"

このblogを見たみなさんも、是非ご協力下さい。



☆★参考までに☆★~服部先生に敬意を表して~

服部匡志先生(情熱大陸より)

服部匡志先生(ベトナムスケッチより)
[PR]
by mitsuhi-low | 2006-12-18 21:57 | Diary