持ち前の運の良さと要領のよさで数々の困難をヌメリヌメリとかいくぐる社会人。このブログを見てくれたすべての人にありがとう☆★コメントを残していただければ幸いです!(パスワードは適当な半角数字でOKです)


by mitsuhi-low

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

メモ帳

09.08.08
カメラ・写真のHP作りました。見てね♪

grafico


☆★link☆★
今日のひとこと
by クライ

SHAKE SHAKE MONKEY BEACH
by ライ麦畑

ばばせばまっちゃわん?
by しのむ

ゆうじんのひとりごと
by ゆうじん

Life is interesting
by まちゃこ

お気に入りブログ

逃避街3丁目
Let’s go pic...
マッキーの写真と言葉たち
たなかの Photo ブ...
husky voice
grafico column
MOROCCO LIFE...
Time's Arrow

カテゴリ

全体
☆★海外旅行☆★
☆★国内旅行☆★
超偉人伝説
Diary
Happening!
My Favorite
Bowling
Photograph
Baton
Movie
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
more...

ライフログ


Buena Vista Social Club


Vapen & Ammunition


サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格)


モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版


重力ピエロ


太陽の塔

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
旅行・お出かけ

画像一覧

今年のGW


帰省しました。

新幹線が地元の駅に着いたのは午後9時過ぎ。

ホームに降りた瞬間に、あまりの寒さに鳥肌が立ちました。





よく考えてみると、名古屋に住み始めてから6年目、GWの帰省は今回が初めてでした。

例年なら名古屋で半袖で過ごすGW。

例年の如く、当たり前のように半袖のまま地元に帰り、

中間季節における地元と名古屋の"気温差の洗礼"をうけたのでした。





そんな"洗礼"のせいもあってか、家に帰ると迎えてくれた家族の温かさを感じました。

そう思ったら、

母の料理がいつもよりおいしく感じました。

祖父の趣味の写真の被写体になることも、いつもより楽しく感じました。

こんな臭い話、性に合わないし、照れくさくもあるんですが、

正直にそう思えました。





この5年間、帰省と言えば年末年始、お盆くらい。

一種の決まりごとの如くただ義務的に帰省というものをこなしてきただけの自分がいました。

帰っても、結局は地元の友人と飛び回る日々。

家族の温かさ、大切さを意識することなど恥ずかしい事に全くありませんでした。





今回、初めてのこの中間季節での帰省で、

ホームに降りた時に感じた寒さは、

すっかり忘れてしまっていた地元と名古屋との気温差を思い出させてくれたと同時に、

自分の家族に対する思いの温度をも暗示し、気付かせてくれたのかもしれません。





初めてと言っていいくらい、ほとんどの時間をゆっくり家で過ごしたGW。

家族の時間を感じれた、いい休日になりました。
[PR]
by mitsuhi-low | 2007-05-08 01:39 | Diary