持ち前の運の良さと要領のよさで数々の困難をヌメリヌメリとかいくぐる社会人。このブログを見てくれたすべての人にありがとう☆★コメントを残していただければ幸いです!(パスワードは適当な半角数字でOKです)


by mitsuhi-low

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

メモ帳

09.08.08
カメラ・写真のHP作りました。見てね♪

grafico


☆★link☆★
今日のひとこと
by クライ

SHAKE SHAKE MONKEY BEACH
by ライ麦畑

ばばせばまっちゃわん?
by しのむ

ゆうじんのひとりごと
by ゆうじん

Life is interesting
by まちゃこ

お気に入りブログ

逃避街3丁目
Let’s go pic...
マッキーの写真と言葉たち
たなかの Photo ブ...
husky voice
grafico column
MOROCCO LIFE...
Time's Arrow

カテゴリ

全体
☆★海外旅行☆★
☆★国内旅行☆★
超偉人伝説
Diary
Happening!
My Favorite
Bowling
Photograph
Baton
Movie
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
more...

ライフログ


Buena Vista Social Club


Vapen & Ammunition


サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格)


モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版


重力ピエロ


太陽の塔

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
旅行・お出かけ

画像一覧

27. トルコの女の子たち


2008年3月9日 トルコ2日目


トルコの首都:アンカラに着いたのが深夜3時。

さらには、シリア入国時に失敗した外貨両替忘れを全く学習せず、ここでも現地通貨のない手痛い状況になってしまった。

ともかく、金がなくては何もできないので、仕方なしにオトガル(バスターミナル)のベンチで寝ることに。

近くにいた同胞(ホームレス風のトルコ人)からダンボールをいただき、ひと夜を明かす。

生まれて初めてホームレスがダンボールを愛用している意味が理解できた。





温かい段ボールの中で十分に仮眠をとり、朝を迎える。

目が覚めてすぐにオトガルにあった銀行にいくと、不運なことに本日休業。

ここ数日の体調不良に始まり、悪いことは続くと言うのはあながち間違ってはいないようだ。

でもそれはそのはず、よく考えてみれば今日は金曜日。

ここトルコももちろんイスラムの国なのだ。





これで現地通貨を手に入れる手段は街中の両替屋に行くしかなくなった。

でも、街中に行くために乗るメトロの運賃すらなく、またもやヒッチハイクという選択肢を考えていたところ、

困っていた僕を見た優しい鉄道員がタダで改札を通してくれた。

ああ、なんていい国なんだ。

来て早々他人からの恩恵を受けすぎなくらいである。





そんなトルコを僕が好きである理由は、実はもう1つある。

それは、カワイイ女の子がやたら声をかけてきてくれること。

今日1日だけで、

"一緒にお茶しませんか?"

"一緒に写真撮らせてください!"

"メールアドレス交換してください!"

など、計4人の女の子から声をかけられた。

f0065556_7501839.jpg






トルコの女の子は、ソースにマヨネーズを混ぜたような濃い顔の男性を日頃目にしているせいか、

うすくちしょう油をさらに水で薄めたような僕の顔が物珍しいからかもしれない。

決してモテているわけではないのに、モテてると錯覚してしまうこの感覚。

でも、正直うれしい。

さあ、薄顔の日本人男性諸君、僕の見解からすると、今すぐにでもトルコに行くことをすすめる。
[PR]
by mitsuhi-low | 2008-08-06 07:50 | ☆★海外旅行☆★