持ち前の運の良さと要領のよさで数々の困難をヌメリヌメリとかいくぐる社会人。このブログを見てくれたすべての人にありがとう☆★コメントを残していただければ幸いです!(パスワードは適当な半角数字でOKです)


by mitsuhi-low

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

メモ帳

09.08.08
カメラ・写真のHP作りました。見てね♪

grafico


☆★link☆★
今日のひとこと
by クライ

SHAKE SHAKE MONKEY BEACH
by ライ麦畑

ばばせばまっちゃわん?
by しのむ

ゆうじんのひとりごと
by ゆうじん

Life is interesting
by まちゃこ

お気に入りブログ

逃避街3丁目
Let’s go pic...
マッキーの写真と言葉たち
たなかの Photo ブ...
husky voice
grafico column
MOROCCO LIFE...
Time's Arrow

カテゴリ

全体
☆★海外旅行☆★
☆★国内旅行☆★
超偉人伝説
Diary
Happening!
My Favorite
Bowling
Photograph
Baton
Movie
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
more...

ライフログ


Buena Vista Social Club


Vapen & Ammunition


サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格)


モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版


重力ピエロ


太陽の塔

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
旅行・お出かけ

画像一覧

<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

正しいプリンの食べ方(作成・試食編)


卵を使った時間つぶしにも限度はある。

さすがに時間を持て余し始めた一行。

時計の針を見れば、巨大プリンを蒸し始めてからすでに2時間半が経過していた。

草木も眠る丑三つ時。

現場にいた我々もそうであるが、読者の方々も、このあたりで何かを期待し始めているであろう。

そう、いわゆるハプニングの発生である。





事の発端は所用で一時外へ出ていた私にあった。

新鮮な外の空気を吸っていたからであろう。

我が家に帰宅するやいなや、その匂いに愕然としてしまった。

鼻にまとわりつく微妙な不快感。

作成開始から長時間我が家に滞在していた内部の人間には決してわからない、微妙な不快感。





すぐさまアルミホイルドームを解体し、原因追究に全力を注ぐことにした。

5秒後。

事件の原因は思わぬ早さで明らかになった。

f0065556_22551698.jpg


ポリバケツの熱変性。

耐熱120℃がついに限界を越えてしまったようだ。

恐れていた、というか、初期の段階から疑問を抱き続けてきたことがここで当然の如く起こってしまったのである。





そもそもポリバケツの使用が不可能であると薄々感じながらここまで押し通した原因は何だったんだろう?

巨大プリンも完成間近にしてやっと気付いた己の失態。

振り返れば自明の理。

巨大プリンという響きに我を忘れ、湧き上がる高揚感に自分を見失った結果、と言えよう。

この点は次回への課題として、大きく反省しようと思う。

そうでもしなければ、人間失格、である。





思わぬ(予想通りの)ハプニングにより、少し本筋から反れてしまったが、

意外にもプリンの凝固能力は優秀であったのは唯一の成果と言えよう。

ほぼ90パーセントは固体化していたのである。

ここで、"加熱によるプリンの凝固能力が、ポリバケツの耐熱限度を上回った"というこじつけにより自分を慰め、

2時間半にも及んだ加熱に終止符を打つことにした。





f0065556_23264611.jpgg) 冷やす。

凝固をさらに促進するために、様々な観点からの冷却を試みた。

しかし、結局は時間に任せることに妥協し、冷蔵庫に放置したまま一時休戦、就寝。

作成開始時点では夢にも思っていなかった、まさかの2日目への突入である。





f0065556_0541314.jpg番外編② 箱の作成

今回の巨大プリン作成後の最終目標は、バケツでプッチンプリンである。

7Lバケツを受けられる程の器がないということで、

段ボールにアルミホイルを巻いた、プリン着地用箱を作ることにした。

材料はいたって簡単、スーパーで拝借した段ボールにアルミホイルを巻くだけである。

作業も5分で完了。

プリンの作成に比べれば、その徒労なんぞ足元にも及ばない。





これですべての工程は終了である。

世紀の瞬間を迎えるにあたり、舞台は整った。

機は熟した、と言うべきだろうか。

早速試食に行ってみよう。





3. Result(食)

結果の前に、今まで隠し通してきた衝撃の事実を今発表しなければならない。

それは味見の段階で、知ってしまった事実。

最も恐れていたことが現実となった瞬間。





その事実とは、

『味が、ダイオキシン』

ダイオキシンとは、みなさんご存知の通り、猛毒で、強い催奇形性・発癌性をもつ物質。

おそらく、溶解したポリバケツの影響であろう。

プリンに匂いが付着したのか、はたまたプリンにポリバケツが溶け込んだのか。

どっちにしろ、人体に有害なことは確実である。





そんな周知の事実が前提としているのにもかかわらず、

完成された巨大プリンを目前に迎え、そんなことがなかったような一行の喜びぶり。

夢のバケツプリンの全貌が明らかになることを今か今かと待ち構える。

そしてバケツ反転を試みた。





Try1
3人がかりでプリンバケツを反転させようと試みるも、一瞬倒れたバケツから漏れた大量のプリンにより、ニコ氏の右膝がプリンにより汚染。
一同大爆笑。動画しかなく、ここに掲載できないのが無念。

Try2
まっちょ氏1人によるバケツプリン反転ショー。
成功するも、茶碗蒸しのような、卵臭いプリンの匂いが部屋に充満。
これにも一同大爆笑。

Try3
そして味見。ダイオプリンであったのは一部であることを知り、決してうまいとは言えないこの物体をどう処理するか一同大困惑。満場一致で罰ゲーム化することが決定。

f0065556_2172337.jpg




よって、恐ろしいプリンゲームの始まりである。

ルールは至って簡単。

①勝負はジャンケン。
②勝者1人のみがおたま一杯のプリンを食べることができる。
③全員が最低1回負けるまではゲームが終了しない。
④キャラメルソース、チョコソース、醤油など、味付け自由。





f0065556_21104179.jpgもうここまできては無駄にテンションが高いだけである。

ただのジャンケンなのに笑転げる一行。

記念すべき第1回目の試食者は、膝がプリンまみれのニコ氏だったことも滑り出しとしては最高だったのであろう。

良く見ればプリン色のTシャツを着たこの男、プリンを食べるために生まれてきたのかもしれない。





この対決は、かみ氏の神がかり的な勝負強さもあり、思わぬ長期戦に。

喜ぶ者。

泣く者。

吐く寸前の者。

こんなにプリンに一喜一憂したのも、これが最初で最後であろう。

f0065556_21171421.jpg
f0065556_21172467.jpg
f0065556_21173592.jpg



地獄の長期戦も、16回戦目にして終了を迎えた。

★1位   まい    5杯
★2位   ニコ   4杯  
★3位   ほっぺげ 3杯
★4位   まっちょ 2杯
★5位   かみ 1杯

残り。

f0065556_21243361.jpg


最後の洗い物は公平にサイコロで決めるも、

ここでも負けたのはまいとニコ。

知り合いの皆さんには是非、まいをプリン女、ニコをプリン男、と呼んでいただきたい。

f0065556_21265121.jpg






4. Discussion 

・プリンはバケツで作るものではない。
・ダイオキシンは、気にしなければいける。
・よい子のみんなは絶対に真似をしないように。
[PR]
by mitsuhi-low | 2007-04-30 21:30 | Diary

正しいプリンの作り方(準備・作成編)


1. Introduction

人は誰しも大きな物に夢を抱き、ロマンを感じる生き物である。

例えば、世界各地にある認定された世界遺産などは、

対象物の美しさや珍しさはもちろんのこと、

その物の壮大さが認定に一役買っていると言っても過言ではないだろう。





無類の世界遺産好きである私は、人一倍大きい物に憧れる気持ちが強いようである。

その興味の矛先は、美しい建造物や壮大な自然に飽き足らず、

食べ物に向いていることも稀ではない。

そこで今回は、長年男のロマンと称し、描き続けてきた夢である巨大プリンの作成を試みることにした。

いつもの、周りを巻き込む私の暴走劇の始まりである。





f0065556_0571100.jpg2. Material&Method

①7Lバケツ       1個
②牛乳          5000cc
③卵            62個
④砂糖          667g
⑤バニラエッセンス  50滴程度





上記の材料を勢いで揃えたものの、数々の問題点に気付く。

まず、7Lバケツ。

これは99円ショップにある割には大変な優れ物であるということで即購入した。

しかし、プリンを作成する段階で最重要ポイントとされる『オーブンで蒸す』 ことがどうにもできない。

オーブンに入らないのである。

f0065556_073382.jpg


上部を切断しようと試みるも、先の見えないこの行為に私は2分で力尽きた。

それ以前に、ポリバケツがオーブンに絶え得るのかがそもそもの疑問である。

激しい議論の結果、鍋を蒸し、その中にバケツを投入、そして周囲をアルミホイルで囲い、自作オーブンを作ろうということでまとまった。

この詳細については後に述べるとしよう。





さて、次なる問題は、卵。

62個。

f0065556_055399.jpg


何も死への道を最短距離で行く必要はないじゃないか。

パソコンで必死に検索し、卵使用量の最も低いサイトを発見、その結果33個使用することに。

約半数に減った卵を見て、

少し寿命が延びたような気持ちに喜びを感じたのは、間違いだろうか?

いや、そう思ったのはおそらく私だけではないだろう。

そう、信じたい。





制作以前の前置きでこんなにも長い文章になってしまい、

この時点であまりの計画性のなさゆえに、知的レベルの低さを露呈する結果となってしまったのは否めないが、

ここで本題に入り、汚名返上とすることにしよう。



f0065556_112943.jpga) まず、牛乳5000ccを鍋に入れ、弱火で温めながら砂糖667gを投入。

ここでまず注意点。一般家庭では、5000ccの牛乳と667gの砂糖が入る容器など存在しない。

牛乳を3つの鍋に分け(俗に言う分注である)、砂糖を均等に投入するのが基本である。(右図参照)



f0065556_115331.jpgb) この間、7Lバケツに33個の卵を割り、かきまぜる。

撹拌とも呼ばれるこの作業、最も大事なのは"気合い(KIAI)"である。

その気合いは、武士のごとく、撹拌には魂をこめて。

武士といえば、近頃武士道精神というものが全く以って消失してしまった私達日本人だが、

みなさんも大いに我々を見習って欲しいものだ。(下図参照)

f0065556_1175737.jpg






f0065556_1313648.jpgc) 次に、bの33個のとき卵が入った7Lバケツ内に、aを濾しながら投入する。

俗にろ過と呼ばれるこの作業、本来ならばこの段階でするべきことではなかったのであるが、

鍋にこびり付いていたと思われるコゲが液表面に浮上してきたため、

やらざるを得なくなってしまったのである。

ナンダカンダ言って、結局はみんなハプニングを楽しめる人間ばかりであることを知る。(右図参照)





f0065556_1323136.jpgd) aとbを混ぜ合わせた後、ここで本来するべきろ過を決行。

ここまで来ると7Lバケツもすでにその内容積に限界を感じており、

大変慎重を要する作業ではあるのだが、

やはり、ナンダカンダ言ってもみんな楽しそうである。





e) 蒸す。

ここからが我々の本領発揮。

オーブンに入らないバケツを蒸すために考えた、アカデミックな自作の蒸し器の発明の瞬間である。

f0065556_1391816.jpg
                          
f0065556_1411237.jpg


何とアカデミックな作品であろうか。

鍋に水を入れて点火するだけで、あら不思議、プリンの出来上がりである。

そして蒸すこと○○時間。

ひたすら待つ。

ポリバケツの溶解の危険性を感じてもあえてそこには触れず、ひたすら待つ。

7Lプリンが凝固するその時まで、先の見えない時間に不安を感じつつもひたすら待つ。





f) 番外編~待ち時間と余った卵の有効利用~

f0065556_148147.jpg
並べる。
f0065556_1465862.jpg
描く。
f0065556_1483110.jpg
作る。





このように、期待と夢に胸を膨らませ、完成を待つ一行であるが、

今回はここまでにして、

完成~試食に至るまでの壮絶な事件は次回にするとしよう。

みなさんも、この日記を見ておそらく今頃プリンを作り始めているとは思うが、

これは安易に考えてはいけない。

大変慎重を要することである。

とりあえず、次回の日記まで、待ってみてはどうだろうか?

ということで、また次回。
[PR]
by mitsuhi-low | 2007-04-28 02:07 | Diary

『Ashes and Snow』 グレゴリー・コルベール展@ノマディック美術館 


f0065556_7541572.gif東京お台場にて、移動式の展覧会場であるノマディック(遊牧)美術館へ行ってきました。

グレゴリー・コルベールの写真・映像展です。

彼のことは全くもって知らなかったのですが、数年ぶりに会う友人の誘いで行くことになり、

これが非常に感動しました。

私は、今日の今日まで美術館を見て感動するなどという豊かな感性を持ち合わせていなかったのですが、

彼の作品を見て目頭が熱くなりました。





f0065556_810393.jpg

信じられないような人間と動物の交流を捉えた彼の作品に、圧倒されました。





f0065556_814424.jpg

人間と動物という枠組みで区別することすらナンセンスであるような世界を捉えていました。





本当はもっともっと彼の魅力を伝えたいんですが、

私の未熟な文章力と表現力では彼の持つ魅力を返って低下させる結果となってしまうので、

みなさんも是非会場に足を運んでみてください。

そして何かを感じとってください。

『Ashes and Snow』
[PR]
by mitsuhi-low | 2007-04-24 08:19 | Diary

視力向上・摩訶不思議現象


大学の定期健康診断がありました。

今回は、いつも不安で不安で仕方がない血圧が、最高血圧が3桁の大台に乗る快挙。

どうやら最近は調子が良いようです。





勢い余ったのか、血圧以上に調子の良いところがありました。

それは視力。



右眼:0.7→1.2

左眼:0.6→1.0



両眼とも1.0以上を記録、更には合計で0.9の上昇。

これはどうしたことでしょうか?

気がつかぬうちに心眼でも身につけたのでしょうか?





・・・





思い返せば、この現象を立証する様々な出来事が浮かんできました。





そう言えば、昔からアイドルと言われ続けてきたあの子の目尻に小ジワが増えたことに最近気がつきました。

眼の良さ故に小さな小ジワも見えてしまう。

おお、これが眼が良くなるということなのか。





そう言えば、昔からスポーツマンとして通ってきたあの子のお腹にたっぷりと贅肉がついていることに最近気がつきました。

今まできっと見えてなかったろう贅肉が、はっきりとしたシルエットとして見えてしまう。

おお、これが眼が良くなるということなのか。





そう言えば、昔からイケメンとして通ってきたあの子の頭が後退していることに最近気がつきました。

今までは見えていた髪の毛がもう見えなくなっている。

おお、これが眼が良くなるということなのか。

ん?矛盾してます?





とにかく、この摩訶不思議な視力向上現象を踏まえて、

眼が良くなるということは決していい事ばかりではないように思えました。
[PR]
by mitsuhi-low | 2007-04-19 16:11 | Diary

春の夜の奇跡


先日、桜の満開の時期に平和公園へのお花見へ行きました。

少人数かと思いきや、あれよあれよという間に人が集まり、気づけば10人の大所帯。

春先にしては少し肌寒い日でしたが、

予め敷いてあった誰かのシートと、隣の団体の灯りにあやかり、何とか楽しむことができました。

さて、そろそろお開きにしようか、その時にあることに気づきました。





『どうやって帰ろう?』

そう、実は僕、まだ例の軽トラ代車を愛用しているんですけど、

みなさんご存知の通りあの子は2人乗りで、普通乗用車もう1台、を併せても計7人乗員上限なのです。

そして今日の人数は10人。

+3人をどう誤魔化したら良いのでしょうか?





論議の結果、というか即決でしたが、3人が軽トラの荷台に乗ることになりました。

荷台には、22歳、26歳、31歳。

その道路交通法に違反した車を運転するのは当然僕。

みんなは飲酒でノリノリ、僕はシラフでドキドキ。

目的地まで約5分という道程と言っても、優秀な日本の警察は侮れません。





出発して3分後のことです。

右へ行くか、左へ行くかの分かれ道に到着しました。

左を見ると、事故でもあったのでしょうか、パトカーが3台停車しています。

一瞬にして僕の心臓のビートはMaxに達しました。

まずは最善のことを!と、荷台に乗っていた子に臥せるように緊急指令。

とりあえず一安心して右へ曲がりました。





一安心一安心・・・・!!!!!

世の中、そんなに甘くありませんでした。

右に曲がると、暗闇に赤く光る棒を持って車を誘導する数人の警察官がいました。

そうです、ここは検問ゾーン。





こんなに焦ったことはここ数年なかったでしょう。

その時僕はシートベルトもしていませんでした。

ましてや、荷台には・・・

どうしよう。

どうしよう。

最善策、言い訳、逮捕・・・頭の中を走馬灯のように色々なことが駆け巡りました。





警察 『はーい、ちょっとストップ。』

一瞬逃げることすら考えました。





警察 『ちょっと息を吹きかけてみてくださーい。』

ハァァ~。

幸運なことに、僕は飲んでいませんでした。

正確に言うと、一口しか飲んでいませんでした。

すでに分解されてしまった一口のアルコールでは警察官を気付かせることもなく、飲酒運転になることだけは免れました。





問題は、荷台です。

幸運にも、まだ気付いていないようです。





しかし、荷台の異変に気付くのも時間の問題だ。

と言うか、すでに気づいていない時点でおかしい。

この警察官、よっぽどのアホなのだろうか?





心臓のビートがさらに高鳴りだしたその時です。

警察 『はい、行っていいですよ~。』

え?

なんという幸運!

よし、こんな所はさっさとおさらばだ!

車を慌てて発進させました。





そして、走り際に警察官が僕に言った一言。

警察 『ちゃんとシートベルトは締めてね。』





さらに、走り際に警察官が荷台に向かって言った一言。

警察 『寒いな~!』





そりゃそうですよね、気付いていないはずがないですよね。

やっぱり日本の警察は優秀だ。

優秀さと同時に、優しさも感じました。

常にこんな優しい警察官に出会えるとは限らないので、

みなさんも、軽トラの荷台に人を乗せる、いや、寝せる時には十分注意してください。
[PR]
by mitsuhi-low | 2007-04-09 13:09 | Happening!