持ち前の運の良さと要領のよさで数々の困難をヌメリヌメリとかいくぐる社会人。このブログを見てくれたすべての人にありがとう☆★コメントを残していただければ幸いです!(パスワードは適当な半角数字でOKです)


by mitsuhi-low

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メモ帳

09.08.08
カメラ・写真のHP作りました。見てね♪

grafico


☆★link☆★
今日のひとこと
by クライ

SHAKE SHAKE MONKEY BEACH
by ライ麦畑

ばばせばまっちゃわん?
by しのむ

ゆうじんのひとりごと
by ゆうじん

Life is interesting
by まちゃこ

お気に入りブログ

逃避街3丁目
Let’s go pic...
マッキーの写真と言葉たち
たなかの Photo ブ...
husky voice
grafico column
MOROCCO LIFE...
Time's Arrow

カテゴリ

全体
☆★海外旅行☆★
☆★国内旅行☆★
超偉人伝説
Diary
Happening!
My Favorite
Bowling
Photograph
Baton
Movie
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
more...

ライフログ


Buena Vista Social Club


Vapen & Ammunition


サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格)


モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版


重力ピエロ


太陽の塔

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
旅行・お出かけ

画像一覧

<   2007年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

第1回ボーリング大会


3~4回。





何の数字だかわかりますか?





これ実は、僕らボーリングサークルが1週間に活動を行う頻度なのです。





気がつけばメンバー8人全員マイシューズ持ち。

ここまできたらメンバー内での大会を開催せねば!

ということで、6月26日、第1回ボーリング大会を行いました。





☆★第1回ボーリング大会☆★

日程
2007年6月26日(火)

メンバー
チームA:安藤真依子・加藤光博
チームB:竹内良佳・木村大至
チームC:服部雅・竹田具史
チームD:北尾知美・上野○永

ルール
1チーム2人の2ゲーム合計点数で順位を競うだけ

ドレスコード
ポロシャツ・ジーパン・マイシューズ

チーム特典
1位:賞金6000円優勝ピンバッジ×2
2位:賞金1600円
3位:星が丘ボウル1ゲーム無料券×4 
4位:次回大会幹事・スコアシートの管理





誰もが最下位の幹事だけは避けたい!

と言うか、優勝賞金の3000円が欲しい!

と、気合い十分。

f0065556_2127537.jpg
f0065556_21274620.jpg

f0065556_2130235.jpg
f0065556_21303612.jpg

左上:チームA、右上:チームB、左下:チームC、右下:チームD





チームDの北尾さんの始球式に始まって
f0065556_21363164.jpg






和気藹々と試合が進むも
f0065556_21374381.jpg






大会という名にプレッシャーを感じた一同力を出し切れず。

普段の平均スコアに及ばない者が続出し、

不本意な結果に陥ってしまいました。





☆★結果☆★

1位 チームB:合計スコア517 竹内良佳(214)・木村大至(303)
f0065556_2147219.jpg
 
2位 チームA:合計スコア503 安藤真依子(242)・加藤光博(261)
f0065556_21484422.jpg

3位 チームC:合計スコア486 服部雅(223)・竹田具史(263)
f0065556_21485481.jpg

4位 チームD:合計スコア463 北尾知美(221)・上野○永(242)
f0065556_2149541.jpg






次回大会の幹事が決まり、その場で第2回の開催日とチームも決定。

これじゃあまたしばらくボーリングブームが続きそうです。

f0065556_21525827.jpg


みなさん、お疲れ様でした☆★
[PR]
by mitsuhi-low | 2007-06-29 21:53 | Bowling

布袋の大仏様


一ヶ月前ほどだったでしょうか。

僕の大好きな深夜番組『タモリ倶楽部』で、憧れのみうらじゅんがゲストとして出演していました。

その回の特集は、『日本三大大仏選挙』。

彼がゲストとして呼ばれるのも納得です。





日本で大仏と言えば、最も有名なものは奈良、東大寺の大仏様。

そして次に有名なのは鎌倉の大仏様。

じゃあその次は?と聞かれて、即答できる人はなかなかいないでしょう。

それじゃあ3番目の大仏様を決定しよう、『日本三大大仏選挙』の主旨だったようです。





全国から立候補してきた個性豊かな大仏様たちを見て、

衝撃を受けた大仏様が1人いました。

それが愛知一区から出馬してきた、布袋の大仏様です。





急いで調べてみると、彼の住所は愛知県江南市。

僕の家からなんと車で40分ほど。

これは1度お目にかからなくてはと思い、行くことにしました。





名鉄犬山線、布袋駅からすぐ、閑静な住宅街で車を走らせ迷っていると・・・





f0065556_193139.jpg

住宅街の真ん中に、自然なのか不自然なのか溶け込んでいるように見えます。





f0065556_197223.jpg

近づいてみると、"御嶽薬師尊"と書いてありました。





f0065556_19847100.jpg

若干小林●星に似ているような気もします。





f0065556_1995590.jpg

後姿は哀愁たっぷりです。





f0065556_19104513.jpg

そして一緒に記念写真。



 

今日のご対面を以って、僕は彼に一票入れようと決意しました。
[PR]
by mitsuhi-low | 2007-06-21 19:12 | Diary

腐った大学生


最近僕の周りでは○○サークルと言うのが流行っている。

冬季の鍋サー(鍋サークル)から始まり、春季のピクサー(ピクニックサークル)、

そして最近ではボウサー(ボウリングサークル)が最も活発化し、週に3回のペースで活動を行うという奇行に走っている。





激化する活動の中、ほぼ全員がマイシューズを買い、大会まで開催するという本格的ぶり。

ちなみに今日も投げてきた。

それにもかかわらず、安定せず伸びないスコア。

次から次へと重ねるゲームで生まれてくるのは、無駄な専門用語ばかりである。

例:星ボウ=星が丘ボウリング(我らが聖地)
  はしボウ=はしごボウリング(星が丘ボウリングの営業終了後、スポルトでもう2ゲーム)
  賭けボウ=賭けボウリング(最近は賭けなしで投げた記憶はない)





この3つの言葉を聞くだけでも、僕達がいかに腐った大学生ぶりを発揮しているか良くわかるであろう。

腐っていると知りつつもやめられない、とまらない、それがボウサーの真の恐ろしさなのである。




こんなことばかり言っていると、この日記を通して僕の近況を知る、社会人の友人達からの白い眼を感じてきた。

よし、ただ腐っているだけかのように思えるこのボウサーの魅力を1つ挙げて、弁解することにしよう。

魅力・・・ねぇ。

うーん。。。。。






『いいうんどうになる』





幼稚な意見のように思えるが、

運動不足に悩む近代人にとってこれは最も重要であるべきことなのではないか、と思う。

いや、そう思いたい。





兎にも角にも1つは利点を挙げることができ、僕としてはこれ以上にない自己満足に満たされているのだが、

ここで1つ残念なお知らせが。





最近、唯一の利点:『いいうんどうになる』の天敵となるサークルが誕生してしまったのである。





その名も、メタボサー(メタボリックシンドロームサークル)である。





活動内容は至って簡単、夜中にラーメンを食べに行くだけ。

不規則な時間のカロリー摂取過剰により、生活習慣病の発病を目指すといった、腐った大学生たちの鏡のような活動である。





このサークル活動の中心を担っているのが、20代半ばを迎えつつある大学院生たち。

本来、20代半ばと言えば、大学を卒業し、入社して数年目、

これから1人の社会人として、また、1人の男として精神的に脂の乗り始めてくる時期である。





その時期に未だに学生として腐った日々を過ごす僕達は、

世間に対する申し訳なさのせめてもの弁明として、物理的に脂を乗せようとでもいうのだろうか?

誰も口には出さないが、みながそう思っているに違いない。





f0065556_10183176.jpgさて、前置きが長くなってしまったが、本題はここからである。

例のメタボサーの一環として、東京で出張活動を行ってきたことを書きたかったのだ。

前々から行きたかった、いとこの家のすぐそばにある『あぶら~めん』とやらに、

わざわざ夜中の1時過ぎに行ったことを。





f0065556_10173478.jpg若い女性なら誰でも拒否したくなるこのネーミング、

センスがあるんだかないんだかわからないが、

食べずに物事を決め付けるのは良くないと思う。

実際、スープがないこのラーメン、新感覚で非常にうまかった。





以上。

本題はコレだけ。

コレだけの本題のために、くだらない前置きを長々と羅列するあたりが、

やはり腐った大学生としての心を忘れていないらしい。

来年から社会に出るのが非常に不安だ。
[PR]
by mitsuhi-low | 2007-06-18 10:21 | Diary

ロンゲ美学


早3ヵ月。

前回髪を切ってから経った時間。

大学に入ってからこんなに長い、と言うかこんなに無法地帯なのは初めてなくらいの酷さで、

切りたい切りたいとは思いつつもなかなか切りにいく勇気が出ない状態が続いています。





と言うのも、もう6年目になる担当の美容師さんが結婚・妊娠のために退職してしまい、

誰にどう切ってもらおうか途方に暮れているのです。

プライベートでも仲良くしていただいた方なので、

他の方に切ってもらうという行為自体にうしろめたさを感じていることもあるような気がするのです。






最近ではすっかり開き直ってしまい、

これを期に前々から心の奥底で憧れていた長髪にチャレンジでもしてみようかなと思い出しました。

いわゆるロンゲです。





昔から、僕の中でかっこいいロンゲとは、何と言っても侍。

イメージとしては、バガボンドの武蔵。

f0065556_192012.jpg


タイムリーな話題で言うと、侍ではありませんが、ジャック・スパロウでしょうか。

f0065556_1161590.jpg


僕の言う憧れというものは、どうやら若干不衛生感の漂うロンゲのようです。





しかし、ここで重要な点に気付いてしまいました。

先ほど述べた武蔵も、ジャック・スパロウも、イケメンであるという事実です。

僕が彼らの髪型にどう憧れようと、その中身である"面"が伴っていないのです。

これは大変遺憾なことです。





そうとは言え、この機会を逃したら今後一生ロンゲとは縁がなくなってしまいます。

簡単に諦めるわけにはいきません。

そこで、普段使わない頭を久々に使って、色々と考えてみました。





加藤的目指すロンゲ像~2007春ver.~



☆★条件①:不衛生感たっぷりであること

☆★条件②:顔がイケメンではないこと

☆★条件③:自分が憧れる人物であること




この3つの条件を満たす人物は、正直一人しかいないでしょう。

彼には、いつか総理大臣になって欲しいと思っているほど僕がrespectしている方です。

それは・・・










f0065556_1412162.jpg




みうらじゅん氏。





目指す人物としては申し分がないでしょう。

しかしいきなりこの長さを目標とするのは、初心者の僕にはちょっと難しい。

物事には過程というものが大事なのです。

じゃあ過程も大切にしてみましょう。

と言うことで、段階を踏むことにしました。





f0065556_1533344.jpg
f0065556_1534544.jpgf0065556_1535741.jpg






お三方とも、不衛生感たっぷりですね。

最後にたどり着くまでには相当な時間を要しそうです。
[PR]
by mitsuhi-low | 2007-06-05 02:00 | Diary