持ち前の運の良さと要領のよさで数々の困難をヌメリヌメリとかいくぐる社会人。このブログを見てくれたすべての人にありがとう☆★コメントを残していただければ幸いです!(パスワードは適当な半角数字でOKです)


by mitsuhi-low

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

メモ帳

09.08.08
カメラ・写真のHP作りました。見てね♪

grafico


☆★link☆★
今日のひとこと
by クライ

SHAKE SHAKE MONKEY BEACH
by ライ麦畑

ばばせばまっちゃわん?
by しのむ

ゆうじんのひとりごと
by ゆうじん

Life is interesting
by まちゃこ

お気に入りブログ

逃避街3丁目
Let’s go pic...
マッキーの写真と言葉たち
たなかの Photo ブ...
husky voice
grafico column
MOROCCO LIFE...
Time's Arrow

カテゴリ

全体
☆★海外旅行☆★
☆★国内旅行☆★
超偉人伝説
Diary
Happening!
My Favorite
Bowling
Photograph
Baton
Movie
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
more...

ライフログ


Buena Vista Social Club


Vapen & Ammunition


サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格)


モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版


重力ピエロ


太陽の塔

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
旅行・お出かけ

画像一覧

<   2007年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

8年という月日


f0065556_325649.jpg今シーズン初めて名古屋ドームに行ってきました。

今回は中日×ヤクルト戦。

名古屋に住んで6年目、今まで見に行ったプロ野球の試合は中日戦が圧倒的に多いことになってしまいましたが、

未だに中日ファンにはなれません。

今回は、中日側のサイドで肩身の狭い思いをしながら密かにヤクルトを応援していました。





とは言っても、ヤクルトを応援していたのは熱狂的なファンだからではありません。

ある1人の男に注目していたのです。

ヤクルトスワローズのサードを守る背番号46、『飯原誉士』。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



8年前の夏。

当時僕は高校球児でした。

最後の夏の大会を終えた先輩方が部を引退し、自分達の代になってすぐに、一球会大会という小さな大会がありました。

参加高校はほんの数校。

と言うのも、早稲田出身の先生が監督を務める栃木県内の高校、というのが大会の参加条件だったからです。





しかし、その中には強豪:小山高校が含まれていました。

例え小さな大会とはいえ、優勝すること、つまりは小山高校を下すことは、チームの走り出しとして大きな意味を持つものでだったのです。





予想通り、我が宇都宮高校も、強豪小山高校も順当に勝ち進み、

ついには決勝で顔を合わせることになりました。





そして、決勝の舞台で相手のマウンドに立ったのは『飯原誉士』。

彼は学年は1つ下ながらも、県内屈指の豪腕投手として、すでにその名を轟かせていました。

しかし、驚くべきことに、

僕達のチームは彼を打ち崩し、優勝することが出来たのです。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



そして8年後の現在。

僕はスタンドで観客として試合を観戦し、彼は選手として試合に出場しています。

僕は未だに学生としてうだうだな日々を過ごす間、彼は投手から野手に転向し、今やヤクルトスワローズのレギュラーとして活躍しています。

心にのしかかってくる8年という月日の重みを目の当たりにしたような気がしました。





f0065556_3185840.jpg僕はその間成長したのだろうか?

そんなことを考えながら試合を見ていると、打者の打ったファウルボールがこちらに飛び込んできました。

そして近くにいた女性の頭部を直撃し、僕の足元にゆっくりと転がってきたのです。

女性はそのまま担架で運ばれていきました。





その打球を打ったのが飯原誉士・・・

だったら小説のような上手い話として完結できるのですが、残念ながらそうではありません。

しかし、この危険なファウルボールが、8年間を何も考えずに過ごしてきた自分に対する警告なのかもしれないと僕は感じました。





8年後、自分はどんな人間になっているのでしょうか?

少しでも成長できれば・・・

手中にある"警告のボール"を握り締め、もう少し将来を見据えながら日々を過ごしていこうと思いました。
[PR]
by mitsuhi-low | 2007-07-21 03:27 | Diary

シャコと僕と仲間たち


グロテスクなルックスと、

水死体にへばり付いているという根拠のない噂から、

毛嫌いする人も多いといわれているシャコ。

ちなみに僕はと言うと、大好きです。





鮮度が落ちやすく、味の良い物は海の近くでしか食せないらしいこの生き物。

そんなシャコと海無し県出身の僕との出会いは大学に進学してからのことでした。

僕にとってシャコを食べるといえば専ら知多半島にある『まるは食堂』で、

ここはシャコに限らず鮮度の良い海鮮と巨大なエビフライが魅力人気店なのです。





そして何よりも、あのグロテスクなルックスを利用して遊ぶことも出来るのが魅力的。

2年前のGWには、ここで食べたシャコの抜け殻を持ち帰り、

後ほど合流した友人の靴の中にしのばせるというイタズラをやりました。

靴を脱いで入店する焼肉店だったのが、この奇跡的なイタズラの成功を生んだのでしょう。





会計を済ませ、さて帰ろうという時、靴の中からひょこっと顔を出すシャコを見た彼女は、

この世の者とは思えない悲鳴をあげていました。

彼女の苗字は『山中○衣子』なのですが、

その日以来、あだ名が『海中シャコ』になってしまいました。





また、閉店後にゴミ箱の中からシャコの抜け殻を発見した焼肉店の店員さんはどんな反応をしたのでしょうか?

真相は闇の中ではありますが、想像しただけでにやけ顔が止まらなくなってしまいます。





さて、シャコを愛するばかりに、少々話が脱線してはしまいましたが、

今回言おうとしていたことは、3連休を利用してまるは食堂に行ったこと。

もちろん、シャコは食べました。

そしてシャコボクサーを作りました。



f0065556_16511478.jpg




結局、いくつになってもイタズラはやめられそうにありません。
[PR]
by mitsuhi-low | 2007-07-16 16:56 | My Favorite

大陸坦々麺


僕の大好きなアジアンヌードルの大陸坦々麺。

暑かろうが寒かろうがいつでも食べたい大陸坦々麺。

愛しの大陸坦々麺。



f0065556_217764.jpg





ひき肉の茶色が山、ラー油(?)の赤が陸、スープの乳白色が海を表しているのでしょうか?

あ。

それなら"大陸"に留まらないですね。





とにかくうまくって週に3回は食べたくなる代物。

要するに、どんなにボーリングをやろうと



カロリー摂取量>>>カロリー消費量



ということみたいです。

夏が近いのに、非常に残念な自分がいるということです。
[PR]
by mitsuhi-low | 2007-07-13 02:24 | My Favorite

131


今から5年前。

大学2年生の春。

大学に入学してから1年が経過し、すでに僕の家が"みんなの家"として定着した頃のことでした。





いつものように、"みんなの家"には2人の友人が遊びに来ていました。

みんなの家と言っているように、友人が来るなんてことは特別なことでも何でもありませんでしたが、

その時、僕はふとあることを思いつきました。


『そうだ、チェキで訪問者の写真を撮ろう!』


初めて我が家に訪れた人を、ポラロイドカメラ:チェキで撮影し、コメントを書いてもらおうという思いつきでした。





それから5年。

積もりに積もったチェキの数は131。

つまり、131種類の人間が僕の家に遊びに来たということになります。





この131種類の人間すべてを知り得るのはこの世では僕たった一人なわけで、

131種類の個性溢れる撮られ方、個性豊かなコメントを写真の中に見出しては、

1人ニヤニヤすることも珍しくはないのです。





昔から僕は、1人では何も出来ない人間でした。

ひどく自分に甘いし、何の才能もないし、心もどちらかといえば荒んでいる方だと思います。

そんな僕に栄養剤を与えてくれ、成長をさせてくれたのはいつもそばにいる仲間の存在でした。

"あいつには負けたくない"、"あいつのこういう所を見習いたい"。

いい意味でも悪い意味でも周囲の仲間に影響されてきた結果が今の自分であると思っています。





無能な自分にたった1つ、たった1つだけ才能があると言うならば、

"恵まれた境遇"だと思います。

この131という数字がそのことを強く物語っており、何より誇れる数字だと信じています。





残り少なくなった学生生活の中で、この数字がどこまで伸びるかは自分にはわかりませんが、

今後も仲間の存在が自分にとって大きなものであることは間違いないでしょう。

仲間に対して感謝し、その仲間に恵まれる自分の境遇にも感謝し、

残りの学生生活を満喫していこう。

131の写真を眺めながら、1人そう思った夜でした。

f0065556_455244.jpg

[PR]
by mitsuhi-low | 2007-07-05 04:55 | Diary