持ち前の運の良さと要領のよさで数々の困難をヌメリヌメリとかいくぐる社会人。このブログを見てくれたすべての人にありがとう☆★コメントを残していただければ幸いです!(パスワードは適当な半角数字でOKです)


by mitsuhi-low

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メモ帳

09.08.08
カメラ・写真のHP作りました。見てね♪

grafico


☆★link☆★
今日のひとこと
by クライ

SHAKE SHAKE MONKEY BEACH
by ライ麦畑

ばばせばまっちゃわん?
by しのむ

ゆうじんのひとりごと
by ゆうじん

Life is interesting
by まちゃこ

お気に入りブログ

逃避街3丁目
Let’s go pic...
マッキーの写真と言葉たち
たなかの Photo ブ...
husky voice
grafico column
MOROCCO LIFE...
Time's Arrow

カテゴリ

全体
☆★海外旅行☆★
☆★国内旅行☆★
超偉人伝説
Diary
Happening!
My Favorite
Bowling
Photograph
Baton
Movie
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
more...

ライフログ


Buena Vista Social Club


Vapen & Ammunition


サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格)


モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版


重力ピエロ


太陽の塔

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
旅行・お出かけ

画像一覧

<   2009年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

サヨナラ神戸


支店研修最終日。

仕事半分、挨拶まわり半分。

たった1年間だったけれど、13課ある支店内でお世話になった方々の数はここまで多かったんだ、

と挨拶まわりで改めて実感した。

不慣れな土地を敢えて選んで飛び込み、もちろん初めての経験である社会人をここ神戸で過ごしたことは、

僕の人生の中でも最高の当たりくじだったと今振り返ってみて気付く。

本当にあっという間の1年だった。





挨拶まわりの中で、

強い握手をしてくれる先輩がいた。

サプライズでプレゼントをくれた先輩もいた。

目に涙を浮かべてくれた先輩もいた。

恵まれた研修生活だった、と心から思った。





これから東京に行って益々大変な日々を送るかもしれない。

でも、そんな時は神戸の人たちの優しさを思い出したいと思う。

頑張る糧は、良き人たちと過ごした楽しい日々であることを忘れずに、前に進んでいきたい。
[PR]
by mitsuhi-low | 2009-03-20 01:46 | Diary

UDON


直島=香川県=讃岐うどん。

食道楽の僕がみすみす見過ごすわけがありません。

ということで、行って来た讃岐うどんめぐり。

今回は、時間の関係上、高松市内限定で巡ってみることにしました。

残念ながら、日曜定休の名店も多かったのですが、一応第一希望のうどん屋には行けました。

ということで、今回行った4軒の勝手にランキングを報告したいと思います。



4位・・・「連絡船うどん」 おろしぶっかけ冷
f0065556_1113256.jpg




3位・・・「鶴丸」 ぶっかけ冷
f0065556_1141942.jpg




2位・・・「根っこ」 ぶっかけ温
f0065556_116374.jpg




1位・・・「池上製麺所」 釜あげ温
f0065556_1173250.jpg





うん、今見てもよだれがにじんできてしまいます。

そしてちょっと感じたことを。

香川でうどん巡りをして、まず驚いたことはそのうどん屋の多さ。

他県の人がラーメンを食べに行くよりも気軽に、恐らくファーストフード感覚で食べているように思えました。

そう感じたのは、値段の安さにもあります。

平均して、1杯300円弱くらい。

まさにうどん文化がいい意味で異質なのかなと思いました。

今回、映画「UDON」を見てから初めての香川県ということで、そのおいしさが幾分か増していたことは必須。

でも、絶対にもう一度来てみたい。

すべてのうどん屋がそう思える名店ばかりに出会えた、そんな今回の旅でした。
[PR]
by mitsuhi-low | 2009-03-17 01:24 | ☆★国内旅行☆★

芸術の島


関西生活中に絶対に行きたいリストの最上段に掲げていたにもかかわらず、ずっと行かずじまいだった直島。

実は、来週末の3連休に行く予定をつい先日まで立てていたのだが、先日の余命2週間の宣告のおかげでその計画はもろくも崩れ去った。

改めて自分のやりたいことややるべきことの後回しにする性格を恨んだものの、ここで行かずに東京には戻れない。

ということで、予定を1週間前倒しにし、思い切って行ってみることにした。





ここで、直島について全く知らない人について少しだけ説明をしておく。

直島とは、瀬戸内海に浮かぶ小さな島。

香川県直島町というくらいだから、まあ香川県の一部なのだろう。

そんなこともよくわからないこの小さな島がなぜ有名なのかというと、芸術の島として観光できるたくさんのスポットがあるから。

島のいたるところに安藤忠雄、草間弥生など、日本でもトップクラスのアーティストたちが手がけた数々のオブジェや建築物、美術館が点在している。


「瀬戸内海の風景の中、ひとつの場所に、時間をかけてアートをつくりあげていく」



というアートプロジェクトの基、芸術家たちの想像が具現化された、ある意味作られた島と言っていいだろう。





とにかく、写真を見ていただきたい。

僕の言葉では到底表現できそうにもない。

f0065556_185387.jpg

f0065556_19780.jpg

f0065556_193568.jpg

f0065556_194954.jpg

f0065556_1135530.jpg

f0065556_1142252.jpg

f0065556_115290.jpg

f0065556_1152817.jpg

f0065556_117011.jpg

[PR]
by mitsuhi-low | 2009-03-16 01:17 | ☆★国内旅行☆★

余命2週間の宣告


突然された宣告。

社会人もといサラリーマンの悲しい性。

予期せぬタイミングで降りてきた指示文書の内容は、

3月末日までの研修期間が12日短縮、楽しかった神戸での研修が今月の19日までとのこと。

予定(遊び)を大幅に変更せざるを得ない状況に追いやられてしまいました。





終わりが見えると悲しみは急速に増幅するもの。

知り合いも少ない関西にあえて飛び込んだ先に待ち受けていた優しい人々と出会ったこの一年間は、

僕にとって一生忘れることのないだろう大切なもの。

去る前に飲みに行きたい人がたくさんいる。

遊びに行きたい人がたくさんいる。

焦りだけが先行する。





残すところあと9日。

一つ一つ、一日一日を大切にしながらかみしめるように時を過ごしていこう。
[PR]
by mitsuhi-low | 2009-03-11 00:42 | Diary