持ち前の運の良さと要領のよさで数々の困難をヌメリヌメリとかいくぐる社会人。このブログを見てくれたすべての人にありがとう☆★コメントを残していただければ幸いです!(パスワードは適当な半角数字でOKです)


by mitsuhi-low

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

メモ帳

09.08.08
カメラ・写真のHP作りました。見てね♪

grafico


☆★link☆★
今日のひとこと
by クライ

SHAKE SHAKE MONKEY BEACH
by ライ麦畑

ばばせばまっちゃわん?
by しのむ

ゆうじんのひとりごと
by ゆうじん

Life is interesting
by まちゃこ

お気に入りブログ

逃避街3丁目
Let’s go pic...
マッキーの写真と言葉たち
たなかの Photo ブ...
husky voice
grafico column
MOROCCO LIFE...
Time's Arrow

カテゴリ

全体
☆★海外旅行☆★
☆★国内旅行☆★
超偉人伝説
Diary
Happening!
My Favorite
Bowling
Photograph
Baton
Movie
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
more...

ライフログ


Buena Vista Social Club


Vapen & Ammunition


サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格)


モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版


重力ピエロ


太陽の塔

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
旅行・お出かけ

画像一覧

<   2009年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

カメラの大先輩と、平日カメラ


f0065556_132379.jpgとある部署の応援をすることになり、突然決まった7連勤。

さすがに疲れは感じたもののいただいた代休を無駄にするわけにはいかない。

平日休みの優越感に浸るべく、およそ2年半ぶりに会った旧友と都電荒川線でぷらり旅を決行した。





以前聞いたことはあったものの、実際に都電荒川線がどこを走っているのか全く知らず。

ほとんど調べてくれた旧友に頼り、早稲田から乗って荒川遊園で降りてみた。

遊園というからにはコテコテのテーマパークを予想していたのだが、

意外なことに少種ながらも動物たちが。

f0065556_1295040.jpg


何だ、コノヤロウ。

と言われたような気もするが、都電1日乗車券で入園料が無料になるここはかなりお得なスポットと言えよう。

ちなみに、都電1日乗車券は400円である。




その後、都電でふらふらしたものの、

偶然出くわした田中真紀子の街頭演説以外には特に面白いものも見つからなかったので、

乃木坂にある国立新美術館の写真展を見に行ってきた。

実は、今日会った旧友は僕よりはるかにカメラをこよなく愛する人で、

先日僕が入選していないにもかかわらず誌面に載って喜んでいた『PHaT PHOTO』の読者投稿で
何度も1位に輝いている本格派。

2年半ぶりに会った今日も、首から下げたフィルムカメラが似合うのは変わっていなかった。

今日1日カメラを持って彼女とふらふらしていたことは、僕にとって本当にいい刺激になった。





カメラの大先輩に会い、写真展に行き、また今日もカメラに対する熱意が強くなったと思う。

次の休みは、何を撮ろうか。

最近仕事のふとした瞬間によく思うセリフ。

休日の終わりが近づくにつれてよく思うセリフ。

やっぱり最近の自分は、カメラを中心に生活が回っているのだと思った。

f0065556_1592223.jpg

[PR]
by mitsuhi-low | 2009-08-26 02:00 | Diary

うれしいうれしい衝撃のデビュー


f0065556_1512343.jpg現在愛用しているカメラ、Nikon D90を4月買ってからおよそ4ヵ月。

思う存分シャッターを切れる週末を楽しみにしながら日々を過ごしているわけだが、

その趣味が小さな果実となる日が突然訪れた。

現在店頭で発売中の、

『PHat PHOTO 2009 9-10月号』の読者投稿コーナーに自分の写真が掲載されたのだ。

掲載されたとは言っても、上位にランクインするどころか入選もしてはいないのだが、

『あとちょっとで入選!』のところと『審査員総評』の2か所で自分の写真が掲載され、

批評は浴びてもののすごくうれしくて、年甲斐もなくテンションが上がってしまった。





投稿したのがカメラを買ってまもない5月の末のことというのもあり、

待ちに待ったこの長い期間も喜びを助長してくれたのだと思う。

それにしても本当に良い日だ。

また1段階、写真を撮る楽しみとモチベーションがあがったような気がする。



(※参考)
今回PHat PHOTOで掲載された写真は、最近作ったホームページ:grafico
内で見ることができます。僕のギャラリーのところにある大仏様の写真です。
再周知の意味も込めて、こちらのサイトにどんどんアクセスして、掲示板等に書き込みしてください!よろしくお願いいたします。
[PR]
by mitsuhi-low | 2009-08-22 02:06 | Diary

変わらないこと、変わること。


f0065556_21571788.jpg冷夏と言えども暑い日が続くこの時期の名物と言えば、甲子園の高校野球。

連日アツい戦いが繰り広げられ、日本中の人々を熱狂の渦に巻き込んでいる最中、

栃木の県営球場で元球児たちのアツい戦いも繰り広げられていた。





宇都宮高校野球部OB戦。

大そうな名前がついてはいるものの、僕らの代だけが11人集まっただけのもの。

実は、開催にあたり先輩や後輩にも声はかけたのだが、

捕まえることができたのは1つ上の先輩2人。

結局その2人ですら当日のキャンセルとなり、

自分たちの残念なくらいに薄い人望が露呈される結果となってしまったのだ。





それでも、自分たちの代14人中11人が集まれたのはすごいことだと思う。

縦のつながりとしての人望は薄くても、この横のつながりの強さは誇りに思ってもよいだろう、

と前向きに考え、半ば強引に試合をやってみることにした。

f0065556_2232665.jpg






人数は半分に割って、足りない守備の人数は相手チームから補うという形式の試合。

ランナーが2人出ると打者がいなくなるため、空気ランナーを設定するという特別ルール。

体の衰えた11人にとってはそれくらいの適当なルールが良いと思っていたのだが、

よく考えたらこのルールだと全く休む暇がないことに気付く。

普通に考えればわかることのはずなのだが、

やってみて疲れてきて初めて気づくあたりは10年前とは成長していないようにも思える。





成長していないと言えば、もう1つある。

この球場で練習を始めて早々、管理人さんから、

「硬式ボールは使用禁止だよ!」

と注意されたこと。

いい大人に注意されるのは、いい大人になっても変わっていなかった。

f0065556_22223554.jpg






ただ、変わったこともある。

それは、今年で27歳になる僕らの中でも、ちらほらと自分の家庭を持ち始めているメンバーがいること。

f0065556_22241335.jpg


変わっていく環境、過ぎてゆく月日をこういう瞬間に感じずにはいられないが、

変わらない大切なものをこれからも継続していけたらいいなとも思う。

これからどんどん年をとるにつれて難しくなっていくだろうけど、

このメンバーに関してはそうあり続けたいと再確認した真夏の一日となった。
[PR]
by mitsuhi-low | 2009-08-16 22:29 | Diary

好きなものが形になった


カメラが好きだ。

思う存分シャッターが切れる休日が楽しみで仕方がない。

休日を充実した気持ちで迎えるために平日を過ごす。

そんな気持ちを共有できるカメラ仲間もいる。

今、カメラを中心に生活リズムを形成してると言っても過言ではないのだ。





前々から強く願っていたことが実現した。

思ったよりも簡単に実現した。

時間がない、というのは言い訳。

時間は自分で作るもの。

貴重な休みを珍しくシャッターを切る時間も惜しんで費やしたのは、

これを作るためだった。

「grafico」

僕らのカメラチームのホームぺージ。

まだまだ見切り発車で完成までは程遠いけど、

とりあえず作ったものをあまりにもうれしくて公表してしまいました。

自分たちでも何が足りない、こうした方が良いというのがたくさんあるので、

この場でも、graficoのbbsでもいいのでみなさんの率直な意見(酷評等)をお待ちしております。

あ、でも写真の技術に関することはタブーで。

長期的なスパンで磨いていきますので温かく見守っていただければ幸いです。
[PR]
by mitsuhi-low | 2009-08-11 22:54 | Diary

Summer Sonic 2009


f0065556_23353892.jpg今年もやってきました、サマーソニックの季節。

昨年まで土曜・日曜の2日間で開催されていたけれど、

今年は10周年という節目を迎えたこともあって、

金曜・土曜・日曜の豪華3日間。

しかも、平日の金曜日には僕の大好きな「tahiti80」が来るのだ。

もちろん、tahiti80のために会社は有給で休みをとった。





当日はフェス日和の気持ちの良い快晴。

とは言えども、始まってから夕方までは屋内のアーティストばかりしか見ていなかったので、

昼間の好天を活かすことなく過ごす。

そのうちに、いよいよ本番のtahiti80の時間が近づき、

初めて外へ!

という時だった。





激しい暴風雨、雷雨。

外に出ることすらためらう横なぶりの雨に足止めを食らっているうちに、

響き渡ってきた屋外での公演中断のスタッフの声。

しばらく好機を待ち、

だいぶ弱まった頃に外へ。





しかし、まさかの公演中止。

それも、屋外のビーチステージのトリであるtahiti80だけが。

何のために平日休んでここへ来たのだろう?

この日しかチケットを取れなかった今年のサマソニは

正直不完全燃焼に終わったけれども、

他のアーティストも良かったので文句は言わないようにしよう。

参考までに、今年僕が聞いたアーティストを付記しておく。



1.The Bawdies
2. School Of Seven Bells
3. Kyte
4. Phoenix
5. Mercury Rev
6. datarock
7. Mew
8. Kasabian
[PR]
by mitsuhi-low | 2009-08-11 00:14 | Diary

ゲスャンプ2009


会社の同期の中で通称G8(下衆8人衆)と呼ばれる仲間で行ったキャンプ(ゲスキャン)からおよそ1年。

パターゴルフを始めさまざまな伝説が生まれたことから、

「これは毎年恒例行事にするしかない!」

と全員一致の議決により今年も例の如くレンタカーを借りて行って来た。





今年のメンバーは、G8の中から昨年と同じ6人が参加、

さらには普段からGメンバーと仲の良い下衆女人が2人参加し、

人数としてはG8が出揃ったキャンプになった。





f0065556_3585066.jpgまず行ったのは、昨年行きたくても行けず心残りになっていた黒部ダム。

キャンプの開催地である信濃大町からは1時間足らずで行ける距離。

天候は昨年同様生憎の雨ではあったものの、

完全に見れない状況でもなかったので強引に結構。

それでも誰一人として傘を持たずに観光し、

途中大降りになった雨に濡れたあたりはさすがの下衆っぷりと言えよう。

それでも楽しく過ごせるのこのキャンプの醍醐味なのだ。

f0065556_453953.jpg






黒部ダムの帰りには、

メンバーの1人の実祖母から野菜をもらったり、

夏にもかかわらずキムチ鍋をやったり、

スニーカーが誤ってゴミ捨て場に捨てられる事件があったり、

もちろん下衆な話に花を咲かせたりしたものの、

やはり締めくくりは異常に盛り上がるパターゴルフ。

f0065556_4135381.jpg






打って、

f0065556_4161495.jpg


打って、

f0065556_4172161.jpg


打って、

f0065556_4175288.jpg


今年も出ましたスーパープレイ。

f0065556_419258.jpg


本当にあり得ない、このクオリティの低さ。

これだからやめられないゲスキャンプ。

来年も、パターゴルフをやりにこの地へこよう。

メンバー一同は卑猥な思いは1つに固まった。
[PR]
by mitsuhi-low | 2009-08-04 04:25 | ☆★国内旅行☆★