持ち前の運の良さと要領のよさで数々の困難をヌメリヌメリとかいくぐる社会人。このブログを見てくれたすべての人にありがとう☆★コメントを残していただければ幸いです!(パスワードは適当な半角数字でOKです)


by mitsuhi-low

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

メモ帳

09.08.08
カメラ・写真のHP作りました。見てね♪

grafico


☆★link☆★
今日のひとこと
by クライ

SHAKE SHAKE MONKEY BEACH
by ライ麦畑

ばばせばまっちゃわん?
by しのむ

ゆうじんのひとりごと
by ゆうじん

Life is interesting
by まちゃこ

お気に入りブログ

逃避街3丁目
Let’s go pic...
マッキーの写真と言葉たち
たなかの Photo ブ...
husky voice
grafico column
MOROCCO LIFE...
Time's Arrow

カテゴリ

全体
☆★海外旅行☆★
☆★国内旅行☆★
超偉人伝説
Diary
Happening!
My Favorite
Bowling
Photograph
Baton
Movie
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
more...

ライフログ


Buena Vista Social Club


Vapen & Ammunition


サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格)


モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版


重力ピエロ


太陽の塔

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
旅行・お出かけ

画像一覧

<   2009年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Marvelous秋合宿


f0065556_07483.jpg本格的な冬が始まる直前の終秋の頃、

富士山ふもとでバレーボールチーム:Marvelousの合宿をしてきた。

前回の夏で好評だった合宿を秋にもやりたいという要望があり、

急きょ開催することにしたのだ。

大学の時からお世話になっている先輩が幹事としてフル稼働してくれたこともあって、

前回の倍にあたる15人という大人数での開催。

これが楽しくないはずはなかった。





天気にも恵まれ、
f0065556_0112153.jpgf0065556_0121847.jpgf0065556_0133330.jpg




バレーボールもそこそこ楽しんで、
f0065556_0203063.jpg




朝食はまるで家族のようで、
f0065556_0221612.jpg




本当に楽しい合宿になりましたとさ。
f0065556_023446.jpg




完。
[PR]
by mitsuhi-low | 2009-11-30 00:23 | Diary

ジムでの出来事~カウンセリング編~


ちょっとだけ声の大きなお兄さんの責め苦に耐えながら終えたオリエンテーションから数日後。

心の傷冷めやらず第2回目にやってきたジムでは、カウンセリングという大きな罠が待っていた。





実は前回のオリエンテーション時に、カウンセリングをするために体力測定を行っていた。

自転車のような機械を12分こぎ続けて、心拍数の変動を測るという簡易なものではあったが、

どうやらそれで体力年齢が見れるようなのだ。

原理は至って簡単。

①測定した心拍数から時間当たりに酸素量取込量を算出。

②某有名スポーツジムが持っている、酸素取込量と年齢の関係グラフ(下図)を使用し、測定者の酸素取込量から体力年齢を算出。

f0065556_2249988.jpg


要するに、

「僕の時間当たりの酸素取込量をY軸上で見て、そこからX軸と平行な線を引き、
平均値を示す曲線とぶつかったところの真下のところにある年齢が体力年齢となる。」

といったものだ。

ちなみに今回カウンセリングをやってくれたお兄さんは前回のちょっと声の大きなお兄さんではなく、

いかにも優男といった風貌の、ちょっと声のちいさなお兄さんだった。





お兄さん「加藤さんの先日の測定結果から見ますと、時間当たりの酸素取込量はこの辺になります。」

僕「そうですか。(あれ?なんかおかしいぞ。)」

お兄さん「ここから真っ直ぐ横に線を引いて・・・(何とも言えない間が続く。)」

f0065556_2257263.jpg


僕「あ、僕、もう死んじゃってますね。」





こういう場合は先手必勝というもの。

さて、がんばろう、ジム。
[PR]
by mitsuhi-low | 2009-11-23 23:00 | Diary

ジムでの出来事~オリエンテーション編~

最近、体を覆う脂肪たちが見るに堪えられない状況になり、とうとうジムに通うことにした。

某有名チェーンジムで格安の新しい料金システムができたこともきっかけとなった。

面倒な入会手続きを終え、器具の使い方などを教えてくれるオリエンテーションでの出来事。

案内をしてくれたのは、元気のよい、ちょっとだけ声の大きな体育会系のお兄さんだった。





お兄さん
「加藤さんは、ええと・・・(入会時に記入した僕のアンケートをみながら)シェイプアップを望んでらっしゃるんですね!」


「ああ、はい。(若干声がおおきいよな。)」

お兄さん
「そうですよね、やっぱりお腹周りとかが気になりだしますよねえ!」


「ああ、まぁ。(やっぱり声、大きいよなあ。)」

お兄さん
「そんな加藤さんにぴったりのマシンがこれです!このマシンを定期的に利用することによって、加藤さんの気になるお腹周りが次第に引き締まっていくんですよ!(どや顔でさらに声を張って。)」


「そ、そうですか。(何もここぞとばかりに声を張らんでも。)」

お兄さん
「さて、加藤さん。人間が鍛えるべき4つの大きな筋肉って知ってますか?」


「ええと・・・、背中の筋肉と、太ももの筋肉と、・・・胸の筋肉と・・・(少し言葉に窮すると・・・)」

お兄さん
「(間髪いれずに)そうです!加藤さんに気になさっているお腹の筋肉です!」





うん。

彼は彼なりの親切心で代弁してくれたのかもしれない。

僕が言いにくかったお腹の筋肉というフレーズを。





確かに気にしてはいるのだが、そこまでじゃないよ。

あそこまで大きな声で言われると、いろんな意味で気にするわ。

元気なことは良いことだとよく言われるが、必ずしもそうでないことを切に感じる。

うん、がんばろう、ジム。





帰り道。

保温効果を全く果たさない僕の脂肪の布団のおかげで、

自転車で5分の帰路で僕の体温は完全に奪れてしまった。

さて、がんばろう、ジム。

冬は、・・・長い。
[PR]
by mitsuhi-low | 2009-11-19 02:03 | Diary

ニコンプラザ新宿

f0065556_23382578.jpg


へ行ってきました。





ニコンの歴史を物語るたくさんの展示カメラやレンズ、併設の写真展も良かったのだけれど、

圧巻だったのは新宿エルタワー28Fという恵まれたロケーションから眺める都心の町並み。





メインエレベーターホールとは違うところにあったこの少しくらい空間には、

額縁に収められたシティビューが僕を待ちうけていました。





写真は見るのも楽しいけれど、やっぱり撮るほうが楽しい!

と改めて思ったところで、

先週末撮った写真もアップしたことだし、

最近あまりしていなかったgraficoの宣伝を久々に。





細々と更新しておりますのでよろしくお願いいたします。

『grafico』
[PR]
by mitsuhi-low | 2009-11-16 23:46 | Photograph

横浜中華街


中学校の時の同級生5人で横浜中華街へ行った。

集合時間は午前11時。

ちなみに今住んでいる松戸市常盤平駅から元町・中華街駅までは1時間40分近くかかる。

新幹線でそれ時間を乗車していると東京駅から名古屋駅まで行けることを考えると、

軽く旅に出かけるような感覚。

久々に会う友達がほとんどだし、前々から日程を調整した行事だったのに楽しみにしていた。





が、11時集合を言い張っていた張本人が寝坊して大遅刻。

さらには横浜に着いてから台風かと思ってしまうような暴風雨は、

寝坊した彼が1時間以上遅刻して着いた瞬間に止む始末。

そんなハプニングから、カオスな1日は始まった。






f0065556_185466.jpg始めは食べ歩きをしていたが、

どこの店に入るか?

という話になると、あれだけの飲食店が立ち並ぶ中華街では揉め事はつきもの。

僕が友人からのお勧めで聞いた『海員閣』は、

外観こそ素朴で下町の食堂という雰囲気があったものの、

他店ではやっているような店外へのメニューや値段の表示が全くなく、

危険すぎるとあえなく却下。

結局入ったのは、店頭で上海ガニをゴリ押ししていた『翠鳳本店』であった。





f0065556_111159.jpgそしてこれが上海ガニでも店員さんがさらにゴリ押ししていた上海蟹の紹興酒漬け。

そこそこ上手い珍味ではあったが、

値段と食べ方の難易度が非常に高かったこともあり、

個人的にはまた今度食べようと気にはならないなと思ってしまった。




f0065556_1151266.jpg
そんなこんなで昼間からいいものを食べているうちに、夕日が映える時間帯に。

大遅刻をして残り4人の批判を浴びた彼は、

見るからに怪しい赤い缶に入れられた中国のジュースとラーメンドロップスを買わされ、

それをみんなで食べることで今日食べたおいしいもののすべてが台無しになるような思いをしながら楽しい1日は解散となった。





要するに今日1日を総じると、「ラーメンドロップは買ってはいけません」ということ。

みなさんも、横浜中華街でこの商品を見かけたら、

興味本位で買うからにはある程度の覚悟が必要であることを僕からは警告しておく。
[PR]
by mitsuhi-low | 2009-11-16 01:21 | ☆★国内旅行☆★

関東地方の最東端へ


春先くらいから会社の同期と3人で盛り上がっていた、

「銚子の漁港に行き新鮮な海鮮を食べる計画」

がようやく実現した。

華金の夜に会社帰りに我が家に集合、夜中3時に犬吠崎に出発、

関東最東端の地で朝日を拝み、漁獲したばかりの新鮮な魚を食すという完璧な計画。

のはずだった。





金曜日当日は仕事が終わるのが遅かったメンバーもいた。

松戸に3人で集合で来たのは夜の11時を過ぎていた。

それから普通盛りが大盛り以上に量のあるラーメンを食し、

スーパー銭湯で一週間の疲れを癒し、

おまけに顔パックまでやっちゃったりして、

結局寝たのが2時15分。

45分の仮眠だけで出発というのは、

明らかに結果が見えている出来レースにも程があり、

3人揃っての確信犯的大寝坊。

結局出発したのは10時を過ぎる始末。

予定より7時間遅れの出発など、この日本国内においてそうそう聞けるものではないと思う。

一時は銚子に行くことすら諦めようとしたが、

なんとなく目的もなく京葉道路に乗り、そのままの流れで行くことに。

無事到着できて本当に良かったと今になって思う。





銚子には、高速を使って2時間半ちょいで到着した。

着いてからはどこに行くかもまともに調べていなかったので、

駅のロータリーで会合を開いていたタクシーの運ちゃんたちにおいしい海鮮屋さんを聞くことに。

親切なのか、暇なのか、『ドン突き(T字路)』などの方言を駆使しながら、

『一山』というこの辺でじゃ有名らしいいけす活魚料理店までの行き方を2度も説明してくれた。





一山に着いてからは、料理に圧倒された。

あなご天丼
f0065556_22514191.jpg


金眼鯛の煮付け
f0065556_22524352.jpg


を始め、刺身、カニ汁など、どれを食べても今までで一番うまいと言える代物ばかり。

本当においしい上に驚くほど安くて、片道2時間半以上の路程にもかかわらずここに来ただけでも十分に満足できた。

f0065556_22554133.jpg






食後はもちろん海へ。

11月とは思えない暖かい陽気に恵まれたこともあり、ついゆっくりと眺めてしまう。

海。
f0065556_2312286.jpg


海。
f0065556_23121968.jpg


空。
f0065556_23123160.jpg


空。
f0065556_23124228.jpg





そして場所を変えて今度は犬吠崎の灯台。
f0065556_2320565.jpg


大寝坊から始まって一時は来ることすら危ぶまれた銚子になったが、

これからは海鮮を食べに銚子へ行こうという選択肢も増えたことだし、

無事来れて本当に良かったと思える日になれた。
[PR]
by mitsuhi-low | 2009-11-08 23:25 | ☆★国内旅行☆★

第7回grafico活動日

f0065556_21471246.jpg抜けるほどの青い空の下、

ドライブがてら撮影会に行ってきました。

10月に新たに加わったメンバーのかよさんを交えての初めての撮影会。

自分が撮ることはもちろんのこと、1人1人撮り方の違うメンバーの写真の実際に撮っているところを見ることができるのは本当に楽しみなことでした。





今回の行先はかの有名な牛久大仏。

ギネスブックにも登録されているという世界最高の高さが売りだとは聞いていたものの、

いまだに行けていない行きたいところのままで今に至っていた。

仏像愛好家として、いつかは行かなければと思っていたところを、

この天候に恵まれた吉日に、撮影会という形で実現させることにしたのです。





国道6号線を松戸からひたすら北上し、

途中寄り道をしながらも、

f0065556_825390.jpg

f0065556_827543.jpg


憧れの巨大仏像にたどり着く。

そこには僕の想像をはるかに上回る世界が広がっていました。





まずは外観と公園内。

巨大さは伝わるでしょうか?
f0065556_8313632.jpg


仏陀の力で陸上生活を覚え始めた鯉達
f0065556_8332277.jpg


仏陀の力で人間を恐れる心を克服したハト
f0065556_835498.jpg


ついでにブタまで
f0065556_8351620.jpg


すでにカオスの匂いがぷんぷん始めています。





そして今度は大仏胎内。

おしゃれ過ぎるエントランス
f0065556_8394124.jpg


おしゃれ過ぎる通路
f0065556_8395711.jpg


おしゃれ過ぎる写経場
f0065556_84098.jpg


仏陀の奇跡の光輪まで
f0065556_8402233.jpg


これはもはやただの大仏があるだけではなく、

最高裁大のテーマパーク、仏教界のディズニーランドでした。

日本の若者よ、ディズニーランドなんぞに行っている場合ではありません。

今すぐここ牛久大仏へ。

少なくとも僕は、リピーターになること間違いないです。

f0065556_8444618.jpg

[PR]
by mitsuhi-low | 2009-11-08 08:46 | Photograph

第6回grafico活動日


過去最高の5人が揃っての活動日がついに実現しました。

ここまでの人数で撮りに行くことは滅多にないので、

せっかくだから遠くまで行くことに。

行先は鎌倉。

海もあり、山もあり、観光地もあり、良い電車もあり・・・

被写体として魅力のあるものがたくさんある街ということで、

申し分のないロケーションを選んでみました。





せっかくの活動日当日は、生憎の雨。

午後からはなんとか持ち直したものの、

光量の足りない曇天の中きれいに写真を撮る技術を持ち合わせていなく、

悔しい思いはしたけれども、

大人数で写真を撮りに行くのも楽しいなと思える1日になりました。



【お餅大好き3兄弟】
f0065556_114552.jpg

【意思不疎通を繋ぐ赤い糸】
f0065556_1163016.jpg

【半笑いの冬のソナタ】
f0065556_117677.jpg

【記者会見】
f0065556_1185228.jpg


まだまだ勉強しなくては!

撮影会の回数を頑張って増やしていきたいなと思いました。
[PR]
by mitsuhi-low | 2009-11-02 01:23 | Photograph