持ち前の運の良さと要領のよさで数々の困難をヌメリヌメリとかいくぐる社会人。このブログを見てくれたすべての人にありがとう☆★コメントを残していただければ幸いです!(パスワードは適当な半角数字でOKです)


by mitsuhi-low

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

メモ帳

09.08.08
カメラ・写真のHP作りました。見てね♪

grafico


☆★link☆★
今日のひとこと
by クライ

SHAKE SHAKE MONKEY BEACH
by ライ麦畑

ばばせばまっちゃわん?
by しのむ

ゆうじんのひとりごと
by ゆうじん

Life is interesting
by まちゃこ

お気に入りブログ

逃避街3丁目
Let’s go pic...
マッキーの写真と言葉たち
たなかの Photo ブ...
husky voice
grafico column
MOROCCO LIFE...
Time's Arrow

カテゴリ

全体
☆★海外旅行☆★
☆★国内旅行☆★
超偉人伝説
Diary
Happening!
My Favorite
Bowling
Photograph
Baton
Movie
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
more...

ライフログ


Buena Vista Social Club


Vapen & Ammunition


サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格)


モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版


重力ピエロ


太陽の塔

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
旅行・お出かけ

画像一覧

<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

三十路リーチ

f0065556_23473555.jpg

つい一昨日、無事29歳の誕生日を迎えることができました。

お祝いのメッセージをくれた皆さま、本当にありがとうございました。

それにしても、今はメッセージの送り方も多種多様で、

・手紙
・携帯電話(メール、SNS、電話)
・mixi(メッセージ)
・facebook(メッセージ&ウォール)

などなど。

昔はメールか手紙だったのに、近年のSNSの勢いはすごいですね。

確かに、社会人になって仕事が忙しい中でも友人の誕生日を気づかせてくれること自体がSNSの素晴らしいところだなぁと思います。

ちなみに、三十路まであと1年となった僕の気持ちは写真のとおり。

アンチエイジング。

別名、無駄なあがきとも言います。

とりあえず、頑張ります。
[PR]
by mitsuhi-low | 2011-11-29 23:53 | Diary

郷愁


f0065556_23524193.jpg


またブログの更新をサボってしまいました。

もう2週間も前のことになってしまいましたが、久々に帰省した時のことを書こうと思います。





f0065556_00724.jpg

高校卒業と同時に一人暮らしを始めて早11年。

つまり、地元を離れてから11年。

大学生になり、車の免許を取ったりパスポートを取ったり、自分の行動範囲が広がっていくとともに、いろんなところへ行きました。

だけど、地元ってやっぱり特別なんだと思います。

自分が育った故郷ってのが、どこか贔屓目に見てしまうのもあるのでしょう。





そんな地元を、久々に観光してきました。

少し早い秋の訪れ、変わらない観光地の風景、全てが自分にとっては特別な地。

改めて自分が生まれ育った土地の良さを感じることができました。

f0065556_03497.jpg

f0065556_021110.jpg

f0065556_022352.jpg


これから人生がどう進んでいくかわからないけれど、これまで以上に地元に戻る機会は少なくなっていくことでしょう。

だけど、やっぱり大事にしていきたいなぁと思いました。
[PR]
by mitsuhi-low | 2011-11-21 00:04 | ☆★国内旅行☆★

久々の餃子像


地元が一緒の方々はもちろんご存知だと思いますが、

餃子の街として有名な宇都宮には、「餃子像」というものがあります。





初めてそれを見に行く人にとっては、

ネーミングからしてあまり期待できないことは明らかではありながら、どこかしらそれを裏切ってくれることをかすかに期待しつつ、

その珍妙なモノをとりあえず拝んでおくのがごく普通の感情なのだと思います。





一度見た人にとっては、

以後の人生に尾を引くほどの陳腐な代物であることは知っていながらも、

「久々に見たら意外といいんじゃないか」とかすかな期待を込めて見にいくのがこれまた普通に有りうる感情なのだと思います。

そうです、ずっと苦手だと思っていた食べ物が久々に食べたら意外といけちゃうんじゃないかと思ってしまうあの感じと同じものです。





僕はそんな思いで、今回の帰省で餃子像を見に行きました。

その結果がこれです。

f0065556_23165019.jpg

教訓は、「期待するから裏切られる」。

もう、餃子像にはお腹いっぱいです。
[PR]
by mitsuhi-low | 2011-11-06 23:19 | Diary