持ち前の運の良さと要領のよさで数々の困難をヌメリヌメリとかいくぐる社会人。このブログを見てくれたすべての人にありがとう☆★コメントを残していただければ幸いです!(パスワードは適当な半角数字でOKです)


by mitsuhi-low

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メモ帳

09.08.08
カメラ・写真のHP作りました。見てね♪

grafico


☆★link☆★
今日のひとこと
by クライ

SHAKE SHAKE MONKEY BEACH
by ライ麦畑

ばばせばまっちゃわん?
by しのむ

ゆうじんのひとりごと
by ゆうじん

Life is interesting
by まちゃこ

お気に入りブログ

逃避街3丁目
Let’s go pic...
マッキーの写真と言葉たち
たなかの Photo ブ...
husky voice
grafico column
MOROCCO LIFE...
Time's Arrow

カテゴリ

全体
☆★海外旅行☆★
☆★国内旅行☆★
超偉人伝説
Diary
Happening!
My Favorite
Bowling
Photograph
Baton
Movie
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
more...

ライフログ


Buena Vista Social Club


Vapen & Ammunition


サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格)


モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版


重力ピエロ


太陽の塔

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
旅行・お出かけ

画像一覧

<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

脳裏に焼き付いた桜風景

f0065556_0533498.jpg

京都での桜見物は、2日連続で行いました。

観光スポットではないけれど、岡崎疏水にてひっそりと元気に咲く桜。

大通りをほんのちょっとそれた横道を教えてもらって、幸せな気持ちになれました。



そして、次なる桜はかの有名なインクライン。

これでもかという人の群れをかき分けた先には、素敵な風景が待っていました。

f0065556_0571728.jpg

今年最も印象に残っている桜の風景かもしれません。
[PR]
by mitsuhi-low | 2012-06-30 00:58 | Diary

チューリップと桜

f0065556_0325028.jpg

今春2度目の桜鑑賞は、前回記載した桜ノ宮の翌日のことでした。

大好きな、京都での桜でした。

写真は、京都府立植物園にて。

いい感じに、チューリップも咲いてくれてました。

この2ヶ月ほど前に、同じ場所に来たのだけれど、まるで違う場所のような変わりよう。

たった2ヶ月でも、植物の様相を変えるのには十分な時間であり、

そして、大きな変化を与えることができる変わり目の2ヶ月なのだなぁとも実感できました。



それにしても、人を見上げさせるにしても、足元を見させてくれるにしても、

ここは本当にもってこいな風景。

春の風物詩を2つ楽しめた好日でした。
[PR]
by mitsuhi-low | 2012-06-25 00:38 | Diary

初夏の時節に春をおもふこと


f0065556_2233930.jpg

今年の春は今までで一番桜を見た春だったと言っても過言ではないでしょう。

その皮切りとなったのが、徹夜麻雀明けで見た桜ノ宮の桜。

30時間近くも起き続け、体の疲労は限界を越えていたのにもかかわらず、

今年初めての満開桜に時間を忘れて見入ってしまいました。



人混みに紛れて上ばかり見て歩いていたのですが、

ふと足元を見たときに、これまた美しい花々がひっそりと咲いていることに気がつきました。

f0065556_229939.jpg

その時、思ったのです。

「毎年桜をたくさん見に行くと、後半の方は飽きてくる。でも、桜を見ることをすべての目的とするのではなく、視点を少し変えることでこういう発見をし、感動できるのであれば、たくさん桜を見に行くこともいいだろう。」

これが、冒頭にも述べたとおり今年の春が桜を最も見た春になった所以です。

筆無精ゆえに、初夏の時期に桜の日記がしばらく続くこととなりますが、

愛読者に飽かれぬよう、美しい写真と興味の持てる内容を書き続けるよう尽力していこうと思います。

どうかお付き合い願います。
[PR]
by mitsuhi-low | 2012-06-19 22:10 | Diary

うつくしま小豆島 koneta


f0065556_21195273.jpg

再び、3月に行った旅のことです。

西への旅を決行した翌週、ですっかり国内のゆったり旅にはまってしまった僕は、

これまた急に小豆島へ旅に出ることにしました。

オリーブの名産として知られる小豆島は、実は4年前に関西に住んでいたときに行きたいと思っていたものの行けなかった場所のうちの一つ。

前週の西への旅と比べると、電車で揺られる時間は少ないものの、

島そのものに漂うゆったりとした時間の流れというものがきっとあるのだろうという思いを持って行くことにしたのです。

そんな思いをもって訪れた小豆島は、僕を裏切りませんでした。



オリーブ畑のギリシャ風車
f0065556_2120338.jpg


オリーブ畑と木漏れ日
f0065556_21225198.jpg


海と朽木
f0065556_21232816.jpg


醤油の蔵
f0065556_21245434.jpg


時を止めた暖簾
f0065556_21253127.jpg




何よりも素晴らしかったのは、緩やかに流れる時間ももちろんなのですが、

自然の恵みを最大限に活かした島の特産や、長年営まれてきた生活の様子など、

美しい自然とともに生きる人々の生活が垣間見れたこと。

この島に来て本当に良かったと感じられたことが、自分にとっても大きな財産になると思いました。

いつもは億劫に感じる日曜日の夕方も、この日は不思議と清々しい気持ちになれました。
[PR]
by mitsuhi-low | 2012-06-10 21:32 | ☆★国内旅行☆★

そういえば、西に行った時のこと(博多編)

f0065556_8164033.jpg

「そういえば、西に行った時のこと」シリーズの最終編です。

更新頻度が遅いので、地味に長編になってしまいました。

最終地点の博多では、おいしいものをたくさん食べました。

博多といったら、観光というより食に走るイメージは、みなさんも同様だと思います。

お腹が一杯になって、唯一の観光とも言えるであろう神社を参拝。

その時に、少し咲き始めた桜を発見しました。



その頃は3月の中旬だったので、大阪ではまだまだ寒い日が続いており、

僕の格好も完全に冬仕様。

この度では、西へ行くこともそうですが、南下もしていたので、少しずつ気候が暖かくなっていることも、旅をしながら肌で感じることができました。



狭い日本とよく言われますが、ぶらりゆったり旅をしてみると、意外と広い。

これからも、こんなぶらり旅を時々していきたいな、と思った次第であります。
[PR]
by mitsuhi-low | 2012-06-02 08:22 | ☆★国内旅行☆★