持ち前の運の良さと要領のよさで数々の困難をヌメリヌメリとかいくぐる社会人。このブログを見てくれたすべての人にありがとう☆★コメントを残していただければ幸いです!(パスワードは適当な半角数字でOKです)


by mitsuhi-low

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

メモ帳

09.08.08
カメラ・写真のHP作りました。見てね♪

grafico


☆★link☆★
今日のひとこと
by クライ

SHAKE SHAKE MONKEY BEACH
by ライ麦畑

ばばせばまっちゃわん?
by しのむ

ゆうじんのひとりごと
by ゆうじん

Life is interesting
by まちゃこ

お気に入りブログ

逃避街3丁目
Let’s go pic...
マッキーの写真と言葉たち
たなかの Photo ブ...
husky voice
grafico column
MOROCCO LIFE...
Time's Arrow

カテゴリ

全体
☆★海外旅行☆★
☆★国内旅行☆★
超偉人伝説
Diary
Happening!
My Favorite
Bowling
Photograph
Baton
Movie
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
more...

ライフログ


Buena Vista Social Club


Vapen & Ammunition


サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格)


モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版


重力ピエロ


太陽の塔

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
旅行・お出かけ

画像一覧

7人でベトナムへ☆★~ベトナム1日目~

3月8日

トルコから帰国したのが6日の夜。

中1日休みを入れて、この日8日は。。。

待ちに待った学校のみんなとの卒業旅行!

行き先は念願のベトナムである。





今回のこの旅行は大学入学当初から連れ添ったクソども...失礼。仲のいい連れ7人での大旅行。

みんなで誰かの家でパーティーすることはよくあったし、

個々のメンバーで旅行することはあったけど、

この大人数みんなでの旅行は初めて。

その行き先が東南アジアときたらテンションが上がらないわけがない。

先日までの一人旅は、もちろん長い間楽しみにしていたものではあったが、

最初で最後であろうこのみんなとの海外旅行は、さらに楽しみにしていたのである。





そんな楽しみにしていた卒業旅行。

トルコで最後に泊まった安ドミトリーのせいであろうか、帰国後少々風邪気味だった自分。

唯一日本でゆっくりできる中一日は、翌日の早朝出発に向けて1日安静にしてようと思ってたわけです。

しかし世の中はそううまくいくもんじゃありません。

出発前日の7日、クソども...失礼。''so''と''まっちょ''から今夜ミッション遂行との連絡。

つまり早い話が麻雀。

そんな夜から始めたら徹夜のままセントレア直行やんけーそんなもんやらへんわー!

って思ってたら、不運にもその日は、北海道在住のまっちょの双子の相方、''だんな''が名古屋に来てるとのこと。

それを聞き、喜び勇んでまっちょ家に突入した自分でした。

チャンチャン。





そんなこんなで、結局徹夜でセントレアに乗り込む。

まぁこのクソどもと行く旅行だし、こんな事態になることは想定の範囲内だ。

徹夜というマイナスも、麻雀に勝ったことと、集合時間に寝坊せずに済んだことで、結局プラスだ。

スーパースター並みのハプニングメイカーが勢ぞろいしたこの7人、現地でのシャレにならないハプニングだけは起こらないように願いながら、往路ベトナムへと出発する。

f0065556_23425670.jpg

↑出発直前の7人。大半がクソであることは言うまでもない。










心配しすぎていたせいか、一同特に大きなハプニングもなく無事ベトナムに到着したことに少々物足りなさも感じたが、熱気の舞うベトナムの空気にテンションも上がってくる。

空港からホテルへ向かうバス道中、最初のカルチャーショック!!

それは異常なまでのバイクの多さ。

その多さ魚群のごとし、蟻群のごとし、たらこキューピーのCMのごとし。

3人乗りは当たり前、あわよくば4人。

99%がノーヘルだし。

とにもかくにも数が多いんですよ、ホントに。

f0065556_0131580.jpg







しかしそんなカルチャーショックに怖気づいてる暇はありません。

こんな不安な7人メンバーでありながらも、今回は航空券+宿のみのツアー。

自由行動には多すぎる人数であると、ホテルに着くやすぐに、現地の旅行会社へと駆け込む。

7人という大人数で、明日からのツアーをくめるのかという不安をよそに、無事ツアー交渉完了。

そして安心を得て街へと繰り出したのでした。





日が暮れ夜も遅くなるに連れて、

魚群のようなバイクは、やたらめったらカップルが多いことに気付く。

f0065556_0294010.jpg


聞く所によると、今日はベトナムで『婦人の日』らしい。

男性が女性にバラの花をプレゼントするのが習慣らしくて。

カップルだらけの夜街を場違いのJapnese7人チーム歩く歩くひたすら歩く。

そしてそこへ現れたのが予想通りの展開、

物売りの子供たち。

オトコなら花の一本や二本プレゼントしやがれ!

ってな具合で売りつけに来る。

普段なら物売りの子供たちが来てもなるべく買わないようにしているのだが、

今日は『婦人の日』。

そして仲間の中には女の子もいる!

ということで一本購入。

まぁ一本で済まされなかったヤツもいたが、購入するしない関係なく、

無邪気な現地の子供たちとは仲良くなることが出来た。

f0065556_0434028.jpgf0065556_0443947.jpg
f0065556_0484640.jpgf0065556_049419.jpg






ホテルに帰るまでに、有名なアイスの店に寄ることもできたし、

f0065556_059879.jpg


特別大きなハプニングが発生することもなかったし、

ベトナム初日は無事終わったのでした。
[PR]
by mitsuhi-low | 2006-04-11 01:04 | ☆★海外旅行☆★