持ち前の運の良さと要領のよさで数々の困難をヌメリヌメリとかいくぐる社会人。このブログを見てくれたすべての人にありがとう☆★コメントを残していただければ幸いです!(パスワードは適当な半角数字でOKです)


by mitsuhi-low

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

メモ帳

09.08.08
カメラ・写真のHP作りました。見てね♪

grafico


☆★link☆★
今日のひとこと
by クライ

SHAKE SHAKE MONKEY BEACH
by ライ麦畑

ばばせばまっちゃわん?
by しのむ

ゆうじんのひとりごと
by ゆうじん

Life is interesting
by まちゃこ

お気に入りブログ

逃避街3丁目
Let’s go pic...
マッキーの写真と言葉たち
たなかの Photo ブ...
husky voice
grafico column
MOROCCO LIFE...
Time's Arrow

カテゴリ

全体
☆★海外旅行☆★
☆★国内旅行☆★
超偉人伝説
Diary
Happening!
My Favorite
Bowling
Photograph
Baton
Movie
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
more...

ライフログ


Buena Vista Social Club


Vapen & Ammunition


サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格)


モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版


重力ピエロ


太陽の塔

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
旅行・お出かけ

画像一覧

8. タイの温かさ


2007.8.24 タイ1日目


f0065556_113494.jpg「トンッ、トンッ。」

誰かに膝を叩かれ目を覚ました。

目の前にはかわいらしい女の子がいた。

どうやら、爆睡していた僕を起こしてくれたらしい。

驚くほど人懐っこい。

好奇心が強いのはいいが、度が過ぎて昨日の僕のように事件に巻き込まれないことを願う。





昨夜、クアラルンプールの駅から、寝台車両に乗ってタイへ向かおうと考えていた。

しかし、生憎の満席。

2等車の座り席しか空いていなかったにもかかわらず、

すぐにでもマレーシアを出国したい気持ちから、列車に乗り込んでしまったのだった。





もちろん、周囲はほぼ全員現地の人々。

旅行者なんて見当たらないこの車両。

起こしてくれた小さな子は、珍しい外国人旅行者に好奇心を抱いたのだろう。

意外な所で小さな出会いがあり、2等車の座り席も悪くはないな、と思った。

予定より4時間遅れて17時間座り席で移動することにはなったが・・・





座りっぱなしの長い移動を終え、やってきたのはタイ南部の商業都市:ハジャイ。

宿を決めて荷物を降ろし、疲れた体を癒す食べ物を探しに行った。

そして見つけたのがこれ。

f0065556_11212446.jpg


特に強い味付けに頼っているわけではなく、素朴な味で、

タイの人々の心の温かさのような味。

心に染み渡ったこの味が、驚くことに30B(≒100円)。

物価も僕にとっては優しい。





街中探索を終え、市内から少し離れた「ワット・ハジャイ・ナイ」へと向かった。

全長35m、高さ15m、幅10mの大きな寝釈迦様がいる寺院である。

寺院には、橙色の袈裟をまとったお坊さんたち。

そして、寝釈迦様。

f0065556_11302179.jpg


何とも気持ちが良さそうである。





本道の横を通った時、1人のお坊さんが声をかけてくれた。

「日本の方よ、よろしければ、仏陀様にお祈りをしていってくださいな。」

イスラムやヒンドゥーの寺院では、内部に入ることすら禁止されているのに、

お坊さんの方から歓迎してくれるタイ仏教に、これまた温かさを感じた。





昨日のことがあったからだろう。

タイに来た途端に人の温かさを感じることが多い。

国民の95%が仏教徒であるこの国では、この先こういう温かさに触れる機会が多くなるのだろうか?

今後が良き旅になるよう、仏陀様に手を合わせて祈った。
[PR]
by mitsuhi-low | 2007-09-29 11:36 | ☆★海外旅行☆★