持ち前の運の良さと要領のよさで数々の困難をヌメリヌメリとかいくぐる社会人。このブログを見てくれたすべての人にありがとう☆★コメントを残していただければ幸いです!(パスワードは適当な半角数字でOKです)


by mitsuhi-low

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

メモ帳

09.08.08
カメラ・写真のHP作りました。見てね♪

grafico


☆★link☆★
今日のひとこと
by クライ

SHAKE SHAKE MONKEY BEACH
by ライ麦畑

ばばせばまっちゃわん?
by しのむ

ゆうじんのひとりごと
by ゆうじん

Life is interesting
by まちゃこ

お気に入りブログ

逃避街3丁目
Let’s go pic...
マッキーの写真と言葉たち
たなかの Photo ブ...
husky voice
grafico column
MOROCCO LIFE...
Time's Arrow

カテゴリ

全体
☆★海外旅行☆★
☆★国内旅行☆★
超偉人伝説
Diary
Happening!
My Favorite
Bowling
Photograph
Baton
Movie
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
more...

ライフログ


Buena Vista Social Club


Vapen & Ammunition


サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格)


モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版


重力ピエロ


太陽の塔

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
旅行・お出かけ

画像一覧

13. BKK珍観光


2007.8.29 タイ6日目


今日も市内マニアック観光。

昨日奇跡の再会を果たした中村君と待ち合わせ場所に集合し、最初に向かったのはシリラート病院内の博物館。

ここの展示は、日本ではおそらく社会問題になるであろうものばかり。

人体のクロスセクション。

奇形児のホルマリン漬け。

死刑受刑者の遺体樹脂加工体。

リアリティがありすぎて、とにかくすごいの一言だけど、

いろいろなことを学ぶことも出来た。

言うまでもないが、撮影禁止なので写真はなしで。





次に行ったのは、ワット・イントラウィハーン。

タイでは珍しい立像で、それも43mの高さにも及ぶ黄金の巨大仏像様がいる寺院である。

激しいスコールに遭ってしまい、すぐそこにある仏像の前まで来るのすら大変だったが、

苦労して行った甲斐があると思えた、珍しい仏像様だった。

f0065556_145483.jpg






そして、最後に行ったのは、ワット・トライミット。

ここに奉られている仏像には次のような面白いエピソードがある。


「1953年、廃寺からこの仏像をワット・トライミットに移動する際に、その重さに耐えきれず、仏像は倒れてしまう。しかも、天候が悪化したため、作業員たちは帰ってしまった。翌朝、豪雨に打たれて漆喰の剥げかかった仏像からは、金色の光がのぞいていた。」


つまり、漆喰の中に隠されていた金色の仏像が、ひょんなことから300年ぶりに姿を現したというのだ。

天候が悪化したからという理由で仏像を放置する作業員はどうかと思うが、

なかなか夢のある話だと思う。

そしてこの現れた金色の仏像自体は、純度60%の金で、重さ5.5㌧、時価120億円だという。

僕と中村君は、この仏像を強奪して60億円ずつ山分けしようと考えたが、その壮大さにあえなく撃沈した。

f0065556_3461778.jpg





観光を済ませ、再びカオサン通りへと戻った。

カオサンでは、現地の大学生による外国人旅行者のアンケートをとられるという一騒動もあり、

f0065556_348587.jpg


気付けばもう出発の時間に。

僕は今からチェンマイへ、中村君は明日朝カンボジアへとバスで向かう。

お互いの再会を誓って、ここでお別れをした。





ここからは、北へ700km。

今までで最も長いバス移動になる。

景色も見れない夜行バスは、闇の中を刻々と進んでいく。

とにかく、寝よう。

ひたすら寝よう。

明日のチェンマイのために。
[PR]
by mitsuhi-low | 2007-10-07 03:52 | ☆★海外旅行☆★