持ち前の運の良さと要領のよさで数々の困難をヌメリヌメリとかいくぐる社会人。このブログを見てくれたすべての人にありがとう☆★コメントを残していただければ幸いです!(パスワードは適当な半角数字でOKです)


by mitsuhi-low

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

メモ帳

09.08.08
カメラ・写真のHP作りました。見てね♪

grafico


☆★link☆★
今日のひとこと
by クライ

SHAKE SHAKE MONKEY BEACH
by ライ麦畑

ばばせばまっちゃわん?
by しのむ

ゆうじんのひとりごと
by ゆうじん

Life is interesting
by まちゃこ

お気に入りブログ

逃避街3丁目
Let’s go pic...
マッキーの写真と言葉たち
たなかの Photo ブ...
husky voice
grafico column
MOROCCO LIFE...
Time's Arrow

カテゴリ

全体
☆★海外旅行☆★
☆★国内旅行☆★
超偉人伝説
Diary
Happening!
My Favorite
Bowling
Photograph
Baton
Movie
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
more...

ライフログ


Buena Vista Social Club


Vapen & Ammunition


サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格)


モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版


重力ピエロ


太陽の塔

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
旅行・お出かけ

画像一覧

17. 最悪な一日の幕開けと最高な一日の締めくくり


2008年2月28日 シリア1日目


世界でも有数のオンボロ鉄道として名高いヒジャーズ鉄道。

ヨルダンの首都:アンマンと、シリアの首都:ダマスカス間、約200kmを結ぶ路線。

週にたった2本しか走っていないレアなこの鉄道が運行する日に、幸運にも移動日が重なった。

基本的に僕は鉄道移動が好きなので、喜んで早朝6時半に起床して、8時発の列車に乗るべく駅へ向かった。

しかし、今思えばこれが今日一日の悲劇の幕開けだった。

その詳細は、


①鉄道が故障し、まさかの緊急運行中止(前述してはいるが週に2本しか運行しない列車)

②バスターミナルにあわてて向かうも、ダマスカス行きのバスはすでに出発

③仕方なしに乗り合いタクシーでの国境越えを決意

④距離が半分しかないボスラで下車する意を伝えるも、ダマスカスと同料金だとキレられる

⑤運転手とモメた末に、ボスラまであと30kmの荒野で降ろされる(シリア入国後)

⑥シリア通貨に両替できる場所が見つからず、ヒッチハイク4回乗り継ぎで何とかボスラへ

⑦ボスラで唯一の両替所が臨時休業

⑧ボスラ遺跡で最も有名なローマ劇場には金がないという理由で入れず

⑨ダマスカスまでのバス代60SP(≒150円)すらない

⑩レストランのオーナーに懇願し、300円と100SPを交換してもらう

⑪何とかダマスカスに到着


事件に事件が重なり、ろくに食べ物すら食べなかった一日を過ごしていたせいか、僕の顔は赤の他人から見てもよっぽどひどいものになっていたのであろう。

想像以上に大都会だったダマスカスのバスターミナルでの移動方法がわからず途方にくれていると、1人のシリア人が近寄ってきてお菓子をくれた。

さらには、目的地に向かうバス代まで出してくれたのだ。

お金がないなどということは一言も発してなかったのに、自然と顔から伝わったのか。

とにかく、最悪な1日であったが、親切なシリア人のおかげで、今日という1日が何だかすばらしいものにも思えてきた。

こういう良い人の出会いが、旅を良い方向に向かわせてくれるだろうから・・・

f0065556_16123528.jpg


ちなみにこの写真はボスラの写真。

最悪な1日でも、観光はしっかり楽しむのが自分流。

明日は良い一日になるといいが・・・
[PR]
by mitsuhi-low | 2008-06-14 16:13 | ☆★海外旅行☆★