持ち前の運の良さと要領のよさで数々の困難をヌメリヌメリとかいくぐる社会人。このブログを見てくれたすべての人にありがとう☆★コメントを残していただければ幸いです!(パスワードは適当な半角数字でOKです)


by mitsuhi-low

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

メモ帳

09.08.08
カメラ・写真のHP作りました。見てね♪

grafico


☆★link☆★
今日のひとこと
by クライ

SHAKE SHAKE MONKEY BEACH
by ライ麦畑

ばばせばまっちゃわん?
by しのむ

ゆうじんのひとりごと
by ゆうじん

Life is interesting
by まちゃこ

お気に入りブログ

逃避街3丁目
Let’s go pic...
マッキーの写真と言葉たち
たなかの Photo ブ...
husky voice
grafico column
MOROCCO LIFE...
Time's Arrow

カテゴリ

全体
☆★海外旅行☆★
☆★国内旅行☆★
超偉人伝説
Diary
Happening!
My Favorite
Bowling
Photograph
Baton
Movie
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
more...

ライフログ


Buena Vista Social Club


Vapen & Ammunition


サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格)


モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版


重力ピエロ


太陽の塔

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
旅行・お出かけ

画像一覧

21. 振り返れば名残惜しさなし


2008年3月3日 レバノン2日目


道路状況の悪化と忌々しい昨日の事件の影響から、

レバノンの代表的な世界遺産であるレバノン杉を見ることを諦めた。

その代り、北上して再びシリアへ抜けるルート上にあるビブロス遺跡を見に行くことに。

首都:ベイルートからバスで1時間ほどで到着した。





山と海という自然に恵まれたこの遺跡。

当時は交通の要点として栄えていたのだろう。

今は、穏やかな海に沿ってひっそりとたたずんでいて、かつての栄光の面影はない。

昨日のバールベックと比較しても、派手さや壮大さにも欠ける。

しかし、天候に恵まれたこともあり、この静かな地を訪れたことで、

レバノンで唯一過ごせた安息の時間だったと思う。

f0065556_659247.jpg






ビブロスを見たことにより、予定したレバノンでの観光はこれにて終了。

あとは北部か越境してシリアのホムスに向かうだけだ。

今振り返ってみると。正直悪い思い出しかなかったレバノン。

昨日の強盗未遂事件に加え、セルビスの運賃二重請求1回、二重請求未遂1回、手にしていた食べ物強奪事件2回。

短期間の滞在で、"この国はこんな国である"といった先入観や偏見を植え付けることは僕自身好きではないのだが、

たった2日間の滞在でこれだけのことがあれば、さすがに"レバノンは嫌な国"と思わざるを得なくなってしまうのが悲しい。

隣国のヨルダンやシリアは特に人の良さが目立っただけに、とても残念なことである。





越境を目指している時でも、日が暮れるにつれ昨日の記憶がよみがえり、全く落ち着かなかったのも事実。

迷彩服に散弾銃を手にしたレバノン人がいる国境を越え、シリアに入国してやっと安息の時間を迎えた。

落ち着いた心を取り戻し、再びレバノンを振り返り、初めてこんなことを思った。



"この国にはもう来ない"



と。
[PR]
by mitsuhi-low | 2008-07-28 06:59 | ☆★海外旅行☆★