持ち前の運の良さと要領のよさで数々の困難をヌメリヌメリとかいくぐる社会人。このブログを見てくれたすべての人にありがとう☆★コメントを残していただければ幸いです!(パスワードは適当な半角数字でOKです)


by mitsuhi-low

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

メモ帳

09.08.08
カメラ・写真のHP作りました。見てね♪

grafico


☆★link☆★
今日のひとこと
by クライ

SHAKE SHAKE MONKEY BEACH
by ライ麦畑

ばばせばまっちゃわん?
by しのむ

ゆうじんのひとりごと
by ゆうじん

Life is interesting
by まちゃこ

お気に入りブログ

逃避街3丁目
Let’s go pic...
マッキーの写真と言葉たち
たなかの Photo ブ...
husky voice
grafico column
MOROCCO LIFE...
Time's Arrow

カテゴリ

全体
☆★海外旅行☆★
☆★国内旅行☆★
超偉人伝説
Diary
Happening!
My Favorite
Bowling
Photograph
Baton
Movie
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
more...

ライフログ


Buena Vista Social Club


Vapen & Ammunition


サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格)


モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版


重力ピエロ


太陽の塔

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
旅行・お出かけ

画像一覧

22. 心に染みるシリア人の温かさ


2008年3月4日 シリア4日目


ナツメヤシを意味する"パルマ"というギリシャ語に起源をもつと言われているパルミラ。

その名の通り、砂漠のオアシスに忽然とその姿を現す遺跡群である。

ここにこなければシリアに来たことにならないと言われるほどシリアを代表する観光名所であり、もちろん、ユネスコの世界遺産にも登録されている。

そんな絶賛を聞こうものなら、見る前に抱く期待も大きい。

シリアと言えばパルミラ、これは中東行きを決めた時くらいから脳内に刷り込まれた決まり文句になっていた。





確かに、すごいとは思った。

f0065556_225475.jpg


広大な範囲に及ぶ巨大な遺跡群は、かつて栄華を極めた王国の偉大さを感じることもできた。

ただ、今の僕には絶賛に至るほどの感動はなかった。

旅を始めて22日目、エジプトから始まった偉大なる遺跡を見続けてきた日々は、

恐らく良くない意味での免疫を作ってしまったのだろう。

f0065556_2255369.jpg
f0065556_22553478.jpg






しかし、遺跡に対する感動の不足を補ってくれたのは、優しいシリア人たちとの出会いだった。

遺跡の敷地内では、かわいい女の子がシリア産の豆をたくさんめぐんでくれた。

砂漠でマイスペースを作ってくつろいでいたおっさんは、歓迎のシャイ(お茶)をたくさん御馳走してくれた。

f0065556_22592662.jpg


ホムスまで帰るバスの乗務員は、僕らの明日の行き先をアラビア語で書いてくれて、旅がスムーズに行くようにしてくれた。

昨日までのレバノン人のひどい態度を目の当たりにしていたせいか、シリア人の優しさが本当に心に染みる1日だった。

僕はいつまででもここにいたい、そう思った1日でもあった。
[PR]
by mitsuhi-low | 2008-07-29 23:03 | ☆★海外旅行☆★